資格

「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」

shikaku5

「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」とは?

近年、労働者を取り巻く仕事環境はストレスを与えやすくなり、心の病による休職や離職、ひきこもり、自殺など深刻な社会問題になっています。いまや企業で働く人にとって、心の健康管理はきわめて重要な課題になっています。一人ひとりが、いかに人間関係のトラブルや自分のストレスに対処するかが大切な問題となっているのです。「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」とは、人事・労務管理の観点から心の病を未然に防ぎ心身ともに健全に過ごせるように作られた大阪商工会議所により実施されている検定試験です。この検定試験は3つのコースがあります。まず、社内のメンタルヘルスケア計画が立案できる、人事労務管理者向けの「I種」です。次に、部下のメンタルヘルス対策ができる、管理監査者向けの「II種」です。最後に適切なセルフケアができる、一般社員や新入社員向けの「III種」です。

「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」の活かし方

「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」は専門職の資格ではないので、この検定を取得したからといってすぐに就職先・転職先が見つかるかというと、そういうわけではありません。ただし、合格レベルに達すれば、職種に応じたメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を習得し、獲得した知識を職場で実践していくことで、同僚や部下、さらには上司との信頼関係を構築していくことができます。またそれぞれの仕事のストレスをケアし、心の健康を維持し、業務に起因した労災の発生や民事訴訟などを防ぐことにもつながります。また、メンタルヘルスケアに関する適切な知識を備えた人材は、特定の業界に限らず、すべての企業が必要としています。

試験概要

「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」は年齢や学歴による制限がなく、誰もが受験できる検定試験です。例年「III、II種」は11月上旬の日曜日、翌年3月中旬の日曜日、「I種」は11月上旬の日曜日に実施されます。受験料は「III種」が4,320円、「II種」が6,480円、「I種」が10,800円となっています。試験内容は「III種」はセルフケアコースとなっており、①メンタルヘルスケアの意義②ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識③セルフケアの重要性④ストレスへの気づき方、となっています。「II種」はラインケアコースと呼ばれ、①メンタルヘルスケアの意義②ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識③職場環境等の評価および改善の方法④個々の労働者への配慮⑤労働者からの相談の方法ほか、です。「I種」はマスターコースといわれ、①企業経営におけるメンタルヘルス対策の意義と重要性②メンタルヘルスケアの活動領域と人事労務部門の役割③ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識④人事労務管理スタッフに求められる能力⑤メンタルヘルスケアに関する方針と計画⑥相談体制の確立⑦教育研修 ほかとなっています。「III、II種」、「II、I種」のダブル受験は可能です。

検定のメッリト?

「II種」合格者であれば、部下が不調に陥らないような適切な対応ができる人材、「III種」合格者であれば、自分自身が不調に陥ることを未然に塞ぎ、万一不調に陥ってもケアの仕方を取得している人材であると評価されるでしょう。近年、企業・事業所において、カウンセリング体制整備などのメンタルヘルス対策への取り組みが年々増加している傾向も見られるので、この検定試験を取得していると重宝がられるケースもあります。