資格

お菓子資格人気ランキング

お菓子

お菓子作りには様々な資格が存在します。趣味レベルから本格的な事業者向けの資格まで、お菓子に関わる資格をランキング形式でご紹介します。

1位 製菓アドバイザー

製菓アドバイザーは、日本安全食料協会(JSFCA)が認定している資格で、洋菓子に関する様々な知識を有していることを証明する資格です。洋菓子作りにおける材料の種類や選び方、材料ごとの効果や味の変化の仕方などを理解しているかどうか、また、それらの材料を組み合わせることで、適切に洋菓子を作ることができるかどうかなどの知識が問われます。資格を取得した後は、アドバイザーとして講師活動などに役立てることができます。受験資格は特になく、どなたでも気軽に受験できるメリットがあります。また、受験料は10000円と比較的低価格で、在宅受験が可能なのも魅力です。合格ラインは70%以上なので、しっかりと対策をすれば誰でも合格を狙うことができます。受験申し込みはインターネットから行うことができ、試験も2ヶ月に1回の頻度で行われていますので、しっかりと対策をして自分のタイミングで受験することができます。アドバイザーとして働きたい方や本格的に仕事に生かしたい方だけではなく、洋菓子作りを趣味で行なっている方が自分の知識を深めたいという場合などにもおすすめです。

2位 お菓子作りインストラクター

日本インストラクター技術協会(JIA)が認定しているお菓子資格が、お菓子作りインストラクターです。この資格はお菓子作りに関わる食材や道具、レシピなどについて幅広い知識を持っていることを認定する資格です。認定試験では、単純なレシピなどにとどまらず、お菓子の糖度やグルテンといった細かな成分についても理解し、科学的な視点からもお菓子作りを見ることができるかが問われます。受験資格は特になく、受験料も10000円とリーズナブルである点は製菓アドバイザーによく似ています。さらに、試験も在宅で行うことができる点も忙しい社会人にとっては便利ですね。合格ラインは70%なので、しっかりと準備して臨みましょう。プロからアマチュアまでおすすめの認定資格と言えます。

3位 スウィーツ・スペシャリスト

スウィーツ・スペシャリストは本格的なお菓子の知識と作成技術が身についていることを認定する資格です。日本創芸学院が行なっている資格で、取得にあたっては指定の講座を受講する必要があります。教材費や添削などの指導費、認定証の発行費などすべて含めて64000円と結構な費用がかかります。また、学習期間も標準で6ヶ月とがっつりなので、初心者にとっては一から勉強できていいかもしれませんが、すでにある程度の知識を持っている方にはあまり向いていないと言えるでしょう。

4位 スイーツコンシェルジュ

スイーツコンシェルジュは一般社団法人日本スイーツ協会が認定しているお菓子に関する資格です。スイーツコンシェルジュは、洋菓子の基本構成や製菓用語だけではなく、洋菓子の分類やスイーツ文化などの包括的な知識を有することを認定する資格です。お菓子作りを趣味としている方をはじめ、食品メーカーやフードスタイリストの方などにもおすすめです。検定はベーシック・アドバンス・マスターの三段階に分かれており、マスターを取得するにはそれなりの時間と費用がかかります。ベーシックなら学習期間は1〜2週間程度で、費用も初回は15000円なので、まずは試しにベーシックを受けてみるのもいいかもしれませんね。

5位 菓子製造技能士

日本菓子教育センターが認定しているのが菓子製造技能士という資格です。菓子製造技能士は技能検定に合格した菓子製造業者に与えられる国家資格で、受験には一定の年数の実務経験が必要となります。検定では筆記試験と実技試験の2つがあり、さらに1級と2級の2つに分かれています。気軽に受けられる資格ではありませんが、事業として菓子作りに挑戦する方は受けておきたい資格です。

6位 製菓衛生師

菓子製造技能士と同様、お菓子作りに関わる国家資格が、製菓衛生師です。一定レベル以上の菓子作りの技術と知識を有することを証明することができます。国家資格であるため、ハードルは高いですが、事業者ならチェックしておきたい資格と言えます。
お菓子資格 お菓子資格