資格

インテリアデザイナー認定試験口コミ評判

インテリアデザイナー

インテリアに関心が高くこだわりのある人たちが増えてきた昨今、インテリアデザイナーをはじめとするインテリア関連資格はますます人気が高まってきています。

中でも、屋内の住空間のデザインが主に担当することの多い「インテリアデザイナー」は、建築関連から家具店ほかインテリア関連まで、幅広い業界から注目される資格です。

消費者の知識も高まる中、日々の情報収集及びさらなるセンスアップのためにも日々の努力が必要になりますが、その分やりがいのある仕事です。現在では、建築模型を作成する技術レベルを証明できる「インテリアデザイナー認定試験」が、「日本デザインプランナー協会」にて実施されています。

この記事ではこの「インテリアデザイナー認定試験」についてご紹介します。

 

インテリアデザイナー認定試験に特別な資格は必要なの?

 

インテリアデザイナー認定試験を受験するために特別な資格は必要ありません。

 

 

「インテリアデザイナー認定試験」の試験詳細について

 

■インテリアデザイナー認定試験とは

 

インテリアデザイナー認定試験は、平成13年度以降は国家資格から民間資格に移行しました。

インテリアにおける高い知識とデザイン能力を試す試験として、日本デザインプランナー協会が主催しており、筆記試験にてインテリアデザイナーとして活動に値する、家具や照明などのインテリアに関する商品知識の他、販売や技術等に関して幅広い基礎知識が問われる試験になっています。

 

■受験料について

 

インテリアデザイナー認定試験の受験料は、「10,000円(消費税込み)」となっています。 ※2016年10月現在

 

■インテリアデザイナー認定試験受験申込について

 

2カ月に一度の頻度でインターネットから受験申し込み可能です。

 

■受験場所について

 

インテリアデザイナー認定試験の受験形式は、在宅受験になっています。

 

■合格基準について

 

インテリアデザイナー認定試験の合格基準は、70%以上の評価となっています。

 

 

 

 

インテリアデザイナー認定試験の口コミと評判

 

では、実際に「インテリアデザイナー認定」を受験された方々の声を聞いてみましょう。

 

「長く家具会社に勤めてきましたが、もっとトータルでインテリアモデルを提案したいという思いから、このインテリアデザイナー認定試験にチャレンジすることを決意しました。幅広く知識を問われる試験ですが、これまでの販売経験で手薄だった分野を自覚することができ、結果として総合的な販売能力がついたと思います。」

 

「カフェを経営していることから、店内のインテリアにこだわりがあります。しかし基礎知識がないことは自覚しており、インテリアの基本を一から勉強したくてこのインテリアデザイナー認定試験の勉強をスタートさせました。無事合格後は、見た目だけでなく動線にも心配りができるようになりスタッフからも好評を得ています。」

「新築した自宅インテリアをSNSにアップしているうちに、もっとインテリアを勉強したいと思うようになりました。インテリアデザイナー認定試験のための勉強で得た知識を生かしてさらに素敵なお家になりました」

などの声が寄せられています。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

実際に人が住む住空間を、ライフスタイルに合わせた快適な空間にプロデュースできるインテリアデザイナーのお仕事は、経験を積んで独立してさらに活躍の場を広げている先輩たちも多くいるやりがいのある仕事です。インテリアデザイナー認定試験は、その第一歩となるスキル証明に非常に役立つ試験になっています。

ぜひこの「インテリアデザイナー認定試験」への受験を検討してみてくださいね。
インテリアデザイナー資格 インテリアデザイナー資格