資格

インド料理資格人気ランキング

街を歩けば意外と色々な所にインド料理屋さんがありますが、それくらいインド料理は日本人には馴染みの食文化となりました。インド料理の代表であるカレーは、どこのご家庭でも一度は出したことがあるはず。そんなインド料理についての様々な資格を人気ランキング形式でご紹介していきます。

1位 インド料理ソムリエ

インド料理ソムリエはインド料理の作り方や使われる材料に関する知識を広く深く持っていることを証明する資格で、日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定をおこなっています。インド料理には様々な食材や調味料が使われ、その種類や使い方は様々です。料理ごとにどんな食材や調味料を使えば美味しく作ることができるのか正確に把握している必要があります。受験資格は特になく、どなたでもチャレンジしたい気持ちさえあれば受験することができます。受験料は10000円とリーズナブルなのも人気の理由です。受験申請はインターネットから行い、受験は会場ではなく自宅で行います。試験は年6回、偶数月に開催されていますので比較的融通が効くのもいいですね。合格基準は70%以上の正答率となりますので、しっかりと準備をする必要はありますが、決死で難しい合格ラインではありません。インド料理は日本ではますます人気が高まっていますので、趣味でインド料理に挑戦していて、自分の知識を確かめたい方や、本格的なレストランを開業したい方の足がかりにもおすすめの資格です。

2位 インド食文化インストラクター

インド料理食文化インストラクターはインド料理の成り立ちや、地域ごとの違い、日本におけるインド料理の立ち位置などの知識を持っていることを証明する資格です。インド料理には歴史的・宗教的な背景も様々で、宗教ごとに料理にも違いがあったり、インド以外の国で食されているインド料理も色々な違いがあります。そのほかにも、アーユルベーダと食事の関係や、インドの弁当などについても試験では問われます。資格を取得後はインストラクターとして、自宅やスクールで活動することもできます。また、これからインド料理のお店の開業を考えている方にもおすすめです。受験は誰でも受けることが可能で、特に事前の受講や持っていなければならない資格などはありません。受験料も10000円とリーズナブルで、在宅受験が可能なのも人気の理由のひとつです。試験もインド料理ソムリエ同様に二ヶ月に一度、開催されていますのでまとめて受験するというのもありかもしれませんね。受験申し込みはインターネットから簡単におこなうことができ、合格ラインは70%となっています。インド料理ソムリエととてもよく似ていますが、名前にある通りインド料理食文化インストラクターは食文化に重点を置いた対策が必要でしょう。インド料理ソムリエと合わせて取得すれば、周囲からも認められると思いますよ。

3位 カレーマイスター

インド料理の要であるカレーについての資格がカレーマイスターです。カレーマイスターは日本野菜ソムリエ協会が認定している資格で、取得すると、カレーの歴史や種類、製法、スパイスの使い方などカレーにまつわるあらゆる知識を持っていることが証明されます。資格を取得するには、講義を受けたのちに試験に合格する必要があります。講義はカレーコミュニケーション・カレーヒストリー・スパイスサイエンス・カレープロデュースの4つに分かれており、3回以上出席しないと試験を受けることができないので注意が必要です。座学だけではなく、体験型の講義となっているので楽しみながらカレーについて勉強できるのはメリットですね。ただし、資格を取得するまでに50000円近くの費用がかかる点には注意しましょう。また、講義を受ける場所は渋谷のみとなっているので、近くにお住いの方以外の受験はかなり難しいです。都市圏に住んでいる方で、費用にも余裕のある方は取得を目指してみるのもいいかもしれませんね。