資格

カクテルソムリエ認定試験口コミ評判

カクテル

ビールや日本酒は苦手だけれど、フルーツジュースとアルコールをミックスしたいわゆるフルーツカクテルは好き、という下戸の方は多いようです。

様々なお酒同士を組み合わせたり、前述のようなフルーツジュースなどノンアルコール系のソフトドリンクと組み合わせたカクテルは、若い女性を中心に大変人気が高いドリンクです。

しかし、身近にあるようで細かなカクテルの区別は意外と知らないカクテル。さらにさまざまなカクテルから自由に楽しんでいただけるためのサービスが必要とされています。そこで「カクテルソムリエ認定試験」という試験が生まれました。

この「カクテルソムリエ認定試験」が、「日本安全食料料理協会」にて実施されています。

この記事ではこの「カクテルソムリエ認定試験」についてご紹介します。

特別な受験資格は必要なの?

「カクテルソムリエ認定試験」を受験するために必要な受験資格は特にありません。

同じソムリエとつく資格試験を実施しているJSA(日本ソムリエ協会)という団体があります。こちらが主宰しているワインソムリエ資格がありますが、アルコールをサービスする飲食店での勤務経験など資格基準が設けられています。しかし、ソムリエとしての仕事をするのに、必ずしもそれらの団体に参加したり、資格を取らなければいけない決まりはありません。

「カクテルソムリエ認定試験」は、あくまでもカクテルについてサービスができる知識を持っていることを認定するための試験です。

「カクテルソムリエ認定試験」の試験詳細について

■試験レベル

「カクテルソムリエ認定試験」では、カクテルに関する様々な知識が試験されます。

試験主催者側から発表された試験詳細は以下の通りです。

ロングドリンクやショートドリンク、フローズンカクテルやホットカクテルなどのカクテルの種類、レシピ、ベースとなるリキュールの種類や選び方、温度管理の方法ステアやビルドやシェイクの方法と使い分け、アイスピックやディッシュクロスの使い方、カクテルに合わせたグラスの選び方、フルーツカットの技法やベースごとのカクテルの知識

■受験料について

カクテルソムリエ認定試験は、「10,000円(消費税込み)」となっています。 ※2016年現在

受験申し込み後から数日後に、試験問題と解答用紙が郵送されます。このとき、受験料を「代金引換」にて支払うシステムになっています。

■受験申込み~合否通知の受け取りまでの流れについて

カクテルソムリエ認定試験は、2カ月に一度の頻度でインターネットから受験申し込み可能です。

後は決められた試験期間内までに、回答用紙を返送すれば完了です。

その後インターネットに掲示されている「合格通知発送日」から数日後に合否通知が郵送されます。

■合格認定証および認定カードの発行について

合格後希望者には、以下の手順で合格認定証および認定カードの発行を依頼することができます。

1.申込みフォームから合格認定証/合格認定カードを選択して発行申請を行う

2.本人写真(縦4cm×横3cm、フチなしのもの)を、協会宛に郵送する

発行に関する費用の支払いは受験料同様に代金引換(日本安全食料料理協会のサイトによれば、佐川急便のeコレクトサービスになるようです。クレジットカードやデビットカードが使用できます)になります。

なお、合格認定証・認定カードともにそれぞれぞれ「5,500円(消費税込み)」となっています。

手数料や送料は一切掛かりません。 

■受験場所について

「カクテルソムリエ認定試験」は在宅受験になっています。

答案提出期限の範囲内で、都合のよい受験日を自由に選ぶことができるのは、お仕事をお持ちの方や子育て中の方にも受験しやすいうれしいポイントですね。

設定された試験期間内の都合のいい日に、受け取った解答用紙で受験した後には、日本安全食料料理協会まで速やかに返送しましょう。

■合格基準について

カクテルソムリエ認定試験の合格基準は、70%以上の評価となっています。

カクテルソムリエ認定試験の口コミと評判

では、実際に「カクテルソムリエ認定試験」を受験された方々の声を聞いてみましょう。

「読書が趣味の私は、下戸ながら小説に出てくるさまざまなカクテルに興味を寄せていました。「ロンググッドバイ」のギムレットや、「グレートギャッツビー」のハイボール、ヘミングウェイが愛したダイキリなど、お酒が飲めない私でも味わってみたいカクテルがたくさん。そこでこのカクテルソムリエ試験を知り、読者仲間との会合でカクテルをサービスしたいと、受験した次第です。おかげで大好評をいただき、カクテルをテーマにした集まりは定例化しそうです。」

「もともと現役時代いからワインが好きでソムリエ資格にも興味がありました。定年後の目標の一環として、ワインソムリエの資格を取得後、こちらのカクテルソムリエにもチャレンジしました。時折訪れてくれる自宅への客たちに飲んでもらっては悦に入っています。」

などの声が寄せられています。

まとめ

いかがでしょうか?

このようにカクテルソムリエ認定試験は、美味しさだけではなく、お酒同士の相性や、グラスとの組み合わせなど様々な知識が試される試験です。そして同時にカクテルをはぐくんできた文化的背景の妙も改めて知ることができる、知識欲を満足させられる資格試験になっています。

ぜひこの「カクテルソムリエ認定試験」への受験を検討してみてくださいね。
カクテル資格取得 カクテル資格取得