資格

カクテル資格人気ランキング

カクテル

カクテルに関する知識を取得すれば、家庭で気軽に美味しいカクテルを楽しんだり、友人や家族にふるまったりしてカクテルの魅力を広めていくことができるでしょう。しかし指針もないままに勉強をはじめても、身につくものは少なくなってしまいます。

そこで下記のランキングを参考にして、カクテルの資格取得を具体的な目標としてみてはいかがでしょうか。ランキング上位の資格を持てば、仕事やプライベートにプラスの効果をもたらすことができるかもしれませんよ。

1位 カクテルソムリエ

カクテルを扱う資格のなかでも、日本安全食料料理協会の「カクテルソムリエ」は特にオススメされる資格となっています。「カクテルソムリエ」の取得は個人でカクテルを追及するのはもちろん、飲食店や店頭販売でのスキルに活かすこともできるでしょう。あらゆる応用方法が考えられるので、お酒やカクテルに興味を持つなら1度資格の概要をチェックしてみてください。

カクテルの知識や作り方だけでなく、グラスの選択方法やフルーツカットの技術なども学べるのが、「カクテルソムリエ」の特徴です。見よう見まねではわからないカクテルの極意を知りたいのなら、本資格はまさにうってつけの目標となるでしょう。お店で提供されるようなカクテルを実現して、日常を美味しく彩ってはみませんか。

2位 カクテルコンシェルジュ

お酒や飲食に携わるお仕事をされているのなら、日本インストラクター技術協会が認定する「カクテルコンシェルジュ」の資格は一見の価値ありだといえます。カクテルの作り方を1つずつ学び、そこからこだわりの味を追求する術を身につければ、職場での大きな飛躍が期待できるでしょう。

「カクテルコンシェルジュ」の資格を取得できれば、自宅やスクールで講師活動を行うこともできます。先生としてカクテルの魅力を広めていけば、自分の可能性の新たな発見につながるでしょう。資格がもたらす効果を実感したいのなら、「カクテルコンシェルジュ」はぴったりのものとなりますね。

3位 カクテルマイスター

自分のなかにあるカクテルの知識に確かな自信を持ちたい人は、「カクテルマイスター」の資格取得を目指して勉強をはじめてみてはいかがでしょうか。日本能力教育促進協会(JAFA)が主催する試験に合格した際には、胸を張ってカクテルの知識を利用できるようになりますよ。自己満足や間違った知識に翻弄されないためにも、「カクテルマイスター」資格への挑戦でカクテルへの自信を深めましょう。

「カクテルマイスター」取得のための勉強に励めば、食事や雰囲気ごとに合うカクテルを自分で考えられるようになります。その考える力はオリジナリティを育て、カクテルへの興味を促進させるでしょう。カクテルをもっと生活に身近なものとするには、「カクテルマイスター」の資格取得が近道となるかもしれませんね。

4位 カクテルアナリスト

カクテルだけでなく、ビールやブランデーといった各種お酒に関心を持つ場合には、日本能力開発推進協会が認定する「カクテルアナリスト」に焦点をしぼって勉強してみるといいでしょう。洋酒に関する専門知識を満遍なく得られれば、プライベートの雑談から仕事への応用まで幅広く活用することができますね。基礎知識に加えてカクテルがたどってきた歴史も学べるので、普段とは違った視点からお酒を知る絶好の機会となるでしょう。

カクテルとその他のお酒を同時に学べれば、毎日の晩酌に困ることもなくなります。家庭の食卓をお酒の面から変えていくためにも、ぜひ「カクテルアナリスト」の資格取得は目指したいですね。

5位 カクテルアドバイザー

よりカクテルを楽しみ、カクテルと密接な生活を送りたいのなら、「カクテルアドバイザー」の資格は大きな助けとなります。ある程度自分の知識とカクテルへの愛情に自信を持てたあかつきには、日本ホテルバーメンズ協会の試験に申し込んでみるといいでしょう。

比較的一般向けの試験であるため、どなたでも気軽に受験できるのが「カクテルアドバイザー」の魅力となっています。講座を受講すればカクテルについての資料やDVDも手に入るので、上手に利用して本格的な知識へのステップアップにつなげましょう。
カクテル資格取得 カクテル資格取得