資格

カップケーキ資格人気ランキング

色とりどりのデコレーションで食べて美味しいだけではなく、見ても楽しめるのがカップケーキというスイーツ。そんなカップケーキについても様々な資格が存在していますが、どんな資格が人気なのでしょうか?今回はカップケーキに関連する人気資格をランキングでご紹介していきます。

1位 カップケーキソムリエ

カップケーキソムリエは日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定している資格で、カップケーキやマフィンについての知識や技術を身につけている方に与えられます。試験では、カップケーキの作り方や調理器具や材料についての知識、食材の栄養素についての知識やアレンジして調理できる応用力の技術などが問われます。カップケーキソムリエは受験資格が特になく、どなたでも気軽にチャレンジできるので人気がとても高くなっています。また、受験料も10000円と資格の中では比較的リーズナブルなのも売りです。また、受験の申し込みはインターネットからおこなうことができ、受験も会場などに行かなくても自宅で受けることができる特徴もあります。普段お仕事や学校で時間が取りづらい方にも便利です。合格ラインは70%となっており、しっかりと準備して臨めば十分合格を狙うことができますよ。資格取得後は飲食関係の仕事に活かすことができるほか、カフェなどの開業を検討している方の足がかりとしてもいいですね。また、カップケーキソムリエは、趣味でカップケーキ作りを楽しんでいる方が、ちょっとチャレンジしてみるのにもぴったりの資格です。

2位 カップケーキ・マフィンパティシエ

カップケーキ・マフィンパティシエは日本インストラクター協会(JIA)が認定している資格で、カップケーキやマフィンの作り方を理解し、実際にそれらを作る十分な技術があることを証明する資格となっています。資格を取得するには、カップケーキの基本的な作り方はもちろんのこと、様々なアレンジができる必要があります。また、カップケーキの食材には卵や乳製品といったアレルギーを感じるものも含まれていますが、アレルギーのある方でもカップケーキを食べられるようにアレンジができるかどうかなども重要です。試験自体は筆記試験となっており、受験資格は特にありません。受験料も10000円と、カップケーキソムリエと並んで安いのも魅力的です。申し込みはインターネットから、受験方法も在宅で可能となっています。試験の合格ラインは70%なので、しっかりと準備して臨みましょう。自分で勉強するのもいいですが、それだと不安という方は試験に対応した有料講座を受講するのもいいかもしれませんね。試験は二ヶ月に一度、偶数月に開催されていますので、しっかりと勉強し、これならいける!と思った段階で受けることができます。資格を取得した後は、料理教室やスクールで講師として活動などもおこなうことができます。カップケーキソムリエの次に何か資格が欲しいと考えている方にも、カップケーキ・マフィンパティシエはおすすめです。

3位 日本サロネーゼ協会(JSA) ・カップケーキデコ

日本サロネーゼ協会がおこなっている認定資格で、カップケーキのデコレーション技術を有する方に与えられる資格がカップケーキデコです。資格を取得するには、認定講師による講座を受講する必要があり、2時間の講座を6回受講することになります。各講座にはそれぞれ明確なテーマがあり、「ウェディング〜サムシングブルー〜」「デイジー&バードケージ」など、かなり本格的なカップケーキのデコレーションを学ぶことができます。また、6回目は試験が用意されていて、技術の確認がおこなわれます。費用は受講費や認定費用などを合わせると10万円以上とかなり高額になるのが少しデメリットですが、講師のもとでじっくりと学べる機会はとても貴重です。今のままでは自分のカップケーキのデザインを考えられない方や自分の技術を何らかの形で証明したいという方、自宅で教室などを開業したい方などにはおすすめの資格といえます。