資格

カラーアドバイザー認定試験口コミ評判

色彩

カラーアドバイザー認定試験口コミ評判

 

日常生活の中には、無数の色があふれていて、目にした色があなたの心理に深く影響していると聞けば驚きますか?あなたが目にするもの中で色を持たたないものはありません。透明なガラスでさえ、透けてみるその先には背後にあるものを映し出しているのです。

このように色彩はあまりにも当たり前に周囲に氾濫しているため、普通意識されることはありません。しかし、その色彩の持つ効果を知っておくことで、日常生活を異なる角度で見ることができます。例えば「青色=集中力を高める」や「赤=食欲を刺激する」など、日常的に色の影響力を大きく受けていることに驚かれることでしょう。

このような色彩の持つ効果を知り、その効果を服装やインテリアなど生活の中で生かすためのアドバイスができる証明になるのが「カラーアドバイザー試験」です。現在ではこの「カラーアドバイザー認定試験」が、「日本デザインプランナー協会」にて実施されています。

この記事ではこの「カラーアドバイザー認定試験」についてご紹介します。

 

特別な受験資格は必要なの?

 

結論から言えば、「カラーアドバイザー認定試験」を受験するために必要な受験資格は特にありません。

「カラーアドバイザー認定試験」は、あくまでも建築模型の製作技術・技能を有していることを認定するための試験です。

 

「カラーアドバイザー認定試験」の試験詳細について

 

■試験レベル

 

私達は、多くの色に囲まれて生活しています。色によって与えられる印象は大きく異なり、心理的な面にも作用します。その色の性質や特質を理解し、的確な助言をする専門家がカラーアドバイザーです。活躍の場は幅広く、ファッション・インテリア・プロダクト・建築など、多くのビジネスシーンで役立ちます。具体的には、2級は「建物の外観を制作できる」レベル、1級は「建物内部構造を制作できる」レベルを要求されるというケースが多いようです。

 

■受験料について

 

カラーアドバイザー認定試験の受験料は、「10,000円(消費税込み)」となっています。 ※2016年10月現在

 

■受験申込について

 

2カ月に一度の頻度でインターネットから受験申し込み可能です。

 

■受験場所について

 

在宅受験になっています。

 

■合格基準について

 

70%以上の評価となっています。

 

カラーアドバイザー認定試験の口コミと評判

 

では、実際に「カラーアドバイザー認定試験」を受験された方々の声を聞いてみましょう。

 

「テレビ番組の特集で、色彩が与える影響の大きさを知り、俄然興味を持ちました。そんな中このカラーアドバイザー認定試験を知り受験することを考えました。まだ学生なのですが、資格試験にトライした経験は、就職活動の中でも多くな力になってくれると思います。」

 

「美容師という仕事柄、色に敏感でなくてはいけないのですが、モノトーンが好きなためか色を多用した色合わせが苦手でした。カラーコーディネートを感覚ではなく知識として身につけるようにすれば、もっと色の組み合わせが身につくかもしれないと思い、このカラーアドバイザー認定試験を受験しました。合格後は、勉強の成果もあって、以前よりは格段に色の組み合わせ方に自信が持てるようになりました」

 

「フリーのインテリアコーディネーターをしていますが、プレゼンの時の武器として、他のインテリアコーディネーターと差別化できるライセンスを取得したいと考えていました。そこでこのカラーアドバイザー認定試験に出会い、すぐ受験申し込みを済ませました。カラーアドバイザー認定資格取得後は、名刺に記載できるライセンスが増えて、色に強いコーディネーターとして目を止めていただけることが多くなりました」

 

などの声が寄せられています。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

色の持つ効果は各宣伝媒体にも、以前から活用されていましたが、現在はもっと身近なインテリアやファッションの表現に利用したいと考える人が増えてきています。色に興味を持った人たちに、もっと色の効果を知ってほしいと願うあなたにはこのカラーアドバイザー認定試験はぴったりの資格です。

ぜひこの「カラーアドバイザー認定試験」への受験を検討してみてくださいね。
カラーセラピー資格 カラーセラピー資格