資格

カラーセラピー資格ランキング1~4位

色彩

カラーセラピーとは、色が持つ心理的効果を用いて心身を癒す療法です。カラーセラピーにもさまざまな資格が存在し、独立開業を目指す人や、副業として収入を得たいと考える人に人気が高いようです。色彩の持つ効果を勉強してみたい、カラーセラピストとして仕事をしたいという人は、ぜひランキングをチェックしてみてください。

1位:カラーセラピー(日本アロマメディカル心理セラピー協会)

色にはそれぞれ異なる心理的効果、生理的効果があり、カラーセラピーではそれを利用して、心と体のバランスをとることを目指します。

「日本アロマメディカル心理セラピー協会」が実施するカラーセラピー認定試験に合格すると、カラーセラピストとしてセラピーを行えるようになります。

試験では、色の持つ効果や原理、その活用方法などが問われます。
試験は在宅で受験でき、難易度も比較的易しいので、カラーセラピーに興味があって、一から学びたいという場合でも気軽にチャレンジできます。

資格取得後には自宅や教室で講師として活動できるようになります。また、色の効果や活用法を学ぶことで、自分の心理的にに最適な色彩を把握することもできるので、実生活にも役立てることができるでしょう。

2位:カラーアドバイザー

カラーアドバイザーは、さまざまな色が持つ性質や、心理的・生理的効果を把握し、依頼者の心理状況に合わせて適切なアドバイスをします。

カラーアドバイザーの資格を取得するためには、「日本デザインプランナー協会」が実施するカラーアドバイザー認定試験を受験します。
試験は在宅受験、難易度もそれほど高くないので、初心者でも取得しやすい資格と言えるでしょう。

カラーアドバイザーの資格を取得すると、講師として活動できるほか、ファッション業界やインテリア業界、建築業界などでも知識やスキルを活かすことが可能です。

3位:カラーセラピスト

「日本能力開発推進協会」が認定するカラーセラピスト資格は、相談者が認識していない、あるいはうまく伝えられない心理ストレスを、選んだ色から把握し、カウンセリングによって解決に導く能力を有することを証明します。

カラーセラピストの試験を受けるためには、同協会が指定する認定教育訓練機関が行う教育訓練で、カリキュラムを修了することが必要となります。
カリキュラムでは、カラーセラピーの歴史、色彩の基本的な知識、色のイメージやパーソナリティ、色のエネルギーや、身体との関係、カウンセリングについてなど、カラーセラピストとして必要な知識とスキルを幅広く学びます。

試験に合格すると、カラーセラピスト資格を付与され、色に関する知識や、高度なカウンセリング能力を証明できるので、独立開業を目指す場合にもおすすめの資格です。

4位:TCカラーセラピスト

TCカラーセラピストとは、株式会社トゥルーカラーズ(TC)が開発した、新しいカラーセラピーシステムを担うセラピストのことです。

TCカラーセラピーは、プロのカラーセラピストを育成する目的ではなく、家族や友人のために気軽にカラーセラピーができるように開発されたものです。

TCカラーセラピーは、講座を受講することで、1日でカラーセラピストになれる点が特徴的です。それは、家庭や職場において、気軽にカラーセラピーをすることができるように、という考えのためです。
講座は全国各地で開講されます。通信講座はないので、注意が必要です。

身近な人のために、気軽にカラーセラピーを行いたい、セルフカラーセラピーで、日々のメンタルヘルスを維持したい、という人におすすめの資格です。
カラーセラピー資格 カラーセラピー資格