資格

カリグラフィー資格人気ランキング

あなたはカリグラフィーと呼ばれる文字の手法を知っていますか?
カリグラフィーとは、西洋や中東で使われる「文字を美しく見せるための技術」になります。
現在、様々なフォントが損じしますが、それらの開発時にはカリグラフィーの技術が土台として使用され、美しい文字がフォントとして作られています。

デザイン性だけでなく、バランスやセンスなどが必要になるカリグラフィーの技術や知識を学ぶことが出来る資格が多数存在しますので、今回はカリグラフィー資格の中から人気順に3つ紹介したいと思います。
ランキング形式で紹介させて頂くので、初めての方でも良い資格を目で判断して頂くことが出来ます。

こんな資格を取得してみたい、いくつかの選択肢の中からカリグラフィーの資格を選んでみたいという方は、こちらのランキングを参考に取得したい資格を探してみてください!

ランキング1位 カリグラフィーデザイナー

ランキング1位に紹介させて頂くのは、日本デザインプランナー協会の「カリグラフィーデザイナー」になります。
こちらの資格では、カリグラフィーに関する基礎知識を徹底的に学ぶことが出来ます。

一般的に、日本人の方は文字づくりとなると毛筆などを用いる手法が一番最初に浮かぶと思いますが、カリグラフィーで文字を制作する場合には、ロットリングや専門のペン、インクや墨汁などを使って製作することになります。
勿論、毛筆を使って製作が行われることもありますが、パソコンなどの書体に使われることは少ない為、基本的にはデジタルでも使いやすい書体を作ることが出来る基材を使うことが一般的になります。

縦書きや横書きでのバランスや、様々な場面に役立つようなデザインを考えるためには、様々なセンスが必要となりますので、こちらの資格でセンスやデザインに関する知識を学ぶことで、カリグラフィーデザイナーとして必要になる知識を自身に備えることが可能になります。

初めての方でも理解しやすいように、わかりやすく楽しみながら学習できるカリキュラムが用意されておりますので、まったく文字に関する美学やセンスが無いという人でも高い満足度を得ている資格です。

製図知識、道具の扱い方、トレンドの把握、センスの培い方などを1から学ぶことが出来ますので、資格取得後にはカリグラフィーデザイナーとしての活動が可能になります。

こちらの資格を取得するために、必要な資格はありません。
受験料10000円を用意し、在宅受験の申し込みをインターネットで行うことにより自宅での試験を受けることが可能になります。
試験と聞くとどうしても身構えてしまいますが、カリキュラムに従い学習を進めることで問題なく試験に合格できるような内容になっておりますので、焦らず勉強を行えば心配することはありません。

資格取得後にはカルチャースクールで文字の授業を行う講師活動をしたり、カリグラフィーデザイナーとして活動をすることが出来ます。
文字のお仕事に就きたい方、文字を美しく見せる技術を学びたい方はこちらの資格がおすすめです。

ランキング2位 カリグラフィー飾り文字インストラクター

ランキング2位に紹介させて頂くのは、日本インストラクター協会の「カリグラフィー飾り文字インストラクター」になります。
こちらの資格では、カリグラフィー飾り文字インストラクターになるために必要な知識を学ぶことが出来ます。

イタリック体、ゴシック体、ローマ大文字泰、ブックハンド小文字体など、様々なフォントがある中、それらがどのようにして作られてきているのか、どのような特徴があるのかなどを学ぶことが出来ます。
パソコンを使った文書が主流の現代では、これらの知識を学んでおくことで読みやすさの理解や、センスの培いなどの有用な知識を学ぶことにも繋がります。

こちらの資格も1位で紹介させて頂いた資格と同様に、受験料10000円を用意し、在宅受験に合格することが資格授与の条件になります。
用意されたカリキュラムに従い学習をコツコツと進めることが、合格のカギとなります。
通学制のスクールではありませんので、自分の好きな時間に学習を進めることが出来ます。
社会人の方や時間が無い主婦の方でも、隙間時間に学習することが出来るというメリットが大きいですね。

ランキング3位 公益財団法人 日本手芸普及協会(JHIA)のカリグラフィー講師資格

ランキング3位に紹介させて頂くのは、公益財団法人 日本手芸普及協会(JHIA)の「カリグラフィー講師資格」になります。

こちらの資格では、文字の芸術性に重点を置いた学習を行うことが出来ます。
カリグラフィーに関する重要な知識を学ぶことが出来るという大きなメリットがあるのが特徴ですが、5ステップに分かれた膨大な勉強量が必要になる大変な試験ですので、初めての方には少し荷が重いかもしれません。
初心者向けの資格という点では、1位で紹介した「カリグラフィーデザイナー」がおすすめですので、初めての方はカリグラフィーデザイナ-の資格取得を目指してみましょう。