資格

ガーデニング・園芸資格ランキング1~5位

ガーデニング

ガーデニングや園芸が好きだという人は多いでしょう。そのガーデニング・園芸を、もっと本格的に勉強してみたいと思いませんか?そして、いずれ趣味を仕事にできたら素敵だと思いませんか?実は、ガーデニングや園芸にも、さまざまな資格があるのです。本格的に勉強してみると、もっとガーデニングを楽しめるようになるでしょう。以下に、代表的な資格をランキングにしましたので、チェックしてみてください。

1位:ガーデニングアドバイザー

「日本生活環境支援協会」が認定する資格で、取得すると、基本的なガーデンデザインに関する知識や技術、技能を有することを認められます。

試験の出題内容は、ガーデニングの基礎知識や、花木の種類について、ガーデンの設計や施工管理の方法などです。どれも基本的な知識なので、ガーデニングや園芸を勉強するにあたって、まず最初に取得しておきたい資格と言えるでしょう。

資格取得後は、自宅やカルチャースクールで、講師として活動することもできます。

2位:園芸インストラクター

「日本インストラクター協会(JIA)」が主催する資格です。さまざまなガーデン設計の製図の知識、ガーデンデザインの知識や技術、その他のガーデニング全般の基礎知識を有する場合に認定される資格です。

求められる知識は基礎的なことも多く、それほど難易度は高くないものの、資格取得後は、インストラクターとして知識や技術を教えることができ、スクールなどを開くことも可能です。

3位:ガーデンコーディネーター

「日本園芸協会」が認定する資格で、同協会の養成講座を修了した場合に取得できます。ガーデニングの知識や技能を勉強することができます。また、花木を美しくコーディネートする技術も習得できます。

難易度は比較的易しく、初心者にもおすすめの資格です。ガーデンコーディネーターの資格を取得しても、すぐに仕事に結びつくというわけではありませんが、ガーデニングの知識が深まり、趣味をさらに楽しむことができるでしょう。

4位:園芸装飾技能士

園芸装飾技能士とは、観葉植物や樹木を使い、建物の屋内や外観の装飾を行う人材を育成する目的で認定される、国家資格です。

資格は1級から3級まであります。幅広い専門知識とスキルが求められ、試験の難易度は決して易しいとは言えません。また、受験資格にも制限があり、職歴や学歴、職業訓練歴が関係しているので、誰でも受けられる資格試験ではありません。

国家資格であり、ニーズも大きいため、資格取得後は就業の際にかなり強みとなるでしょう。代表的な就業先は、生花店、植木屋、園芸関係の店、園芸用品を扱うホームセンターなどです。園芸を本格的に勉強し、仕事に活かしたい人におすすめの資格です。

5位:グリーンアドバイザー

グリーンアドバイザーとは、公益社団法人「日本家庭園芸普及協会」が認定する資格です。ガーデニングや園芸を楽しみたい人に向けて、花木の育て方や園芸の楽しみ方を正しく教えたり、情報を提供したりする専門家です。

資格取得には、講習を受けて修了考査に合格する必要があります。難易度は比較的易しく、初心者でもチャレンジしやすいでしょう。

グリーンアドバイザーになると、園芸関係の就職に有利になるほか、協会が主催するイベント、セミナーなどで、その企画・運営に携わることもできます。
ガーデニング ガーデニング