資格

キッチン心理アドバイザー認定試験口コミ評判

キッチン心理

キッチン心理とか何か?今料理をしている女子の間でもっとも人気のある資格の一つです。
キッチンで働く人に対する心理学のことであり、家庭で料理を作っている人みんなが気持ちよく料理するためにどうしたら良いか?今どういう気持ちで料理をしているのか?を分析して、改善できるように考える心理学のことです。
一昔前は、単独型のキッチンが主流でその横の部屋にダイニングがあり料理を運ぶという形でしたが、最近はキッチンとダイニングが一体化され、アイランド型やカウンターキッチンなどが主流になりつつあります。これもキッチン心理学に基づいた変化と言えるでしょう。北欧からのキッチン用品が大量に日本に入ってきたことで、気持ちよくキッチンを使うことや料理をすることが当たり前になりつつあります。

ただ多くのキッチン用品が溢れたことによって、何を使えば自分にあったキッチンになるのか逆に迷うようになってしまいました。そこで必要になるのがキッチン心理アドバイザーなのです。

キッチン心理アドバイザーとは?

アドバイザーと付くとなんかハードルが上がる気がしてしまいますが、自分の知っていること、学んだ知識を人に教えることの出来る人と考えれば、そこまで難しくないのではないでしょうか。ただ教えるためにはそれなりの後ろ盾が欲しいところですよね?その後ろ盾を作ってくれるのが、日本インストラクター技術協会が主催しているキッチン心理アドバイザーという資格です。

これを取ることで、キッチンを気持ちよく使うための心理学を交えた知識を他の人に教えることができるのです。

キッチン心理アドバイザーになるためには、キッチンに関わる知識や心理学に関する知識、心理的なアドバイスに関する知識など様々な知識が必要となります。まずは通信教育で良いのでこれらを学び、それから試験に挑戦してみましょう。

今「キッチン心理アドバイザー」で検索とするとさまざまは通信教育がヒットします。例えば「SARAスクールジャパン」や「諒設計アーキテクトラーニング」など、すでに日本インストラクター技術協会と提携している通信教育も多々あります。それらの通信教育を受講すると、改めて試験を受けることなく通信教育卒業=資格取得ということになります。

もちろん知識に覚えがある人は、直接日本インストラクター技術協会のサイトから試験を受けることも可能です。

では、どうやって何処で試験を受けるの?

本認定試験は、試験会場はありません!!在宅での受験が可能なのです。インターネットのできる環境があり、多少の時間と金銭的な余裕があれば、受験できます。

時間:年6回ある試験期間で5日間の間に自宅や出先などで受験することが可能です。

費用:税込10,000円です。カード引き落としなどではなく、代引での支払いなのでカードを作る心配や、カード情報を誰かに教える不安、コンビニなどで支払う手間もないのです。これは便利です。

キッチン心理アドバイザー認定試験口コミ評判

口コミでは、「本試験を受けたことでキッチンに対する物の見方が変わりました。」「今まで料理が苦痛でしたが、料理グッズを買い換えただけで、料理に対する気持ちが前向きなりました。」「資格を持っていることで自分の知識を堂々と人に教えることができて、人脈が広がりました。」など資格を取ることによって料理に対する姿勢だけでなく、生活そのものに良い変化を与えることができるようです。

少しでも気になった人はまず日本インストラクター技術協会のサイトを覗いてみてください。
キッチン心理カウンセラー キッチン心理カウンセラー