資格

キッチン心理カウンセラー認定試験口コミ評判

キッチン心理

キッチン心理カウンセラーとは、家庭を持ち家族の健康のために毎日料理をしている方やその他多くの女子に今大人気の資格なんです。

キッチン心理カウンセラーとは?

料理は食べる人の健康を左右するのは言うまでもありませんが、それと共に作っている人もキッチンの環境1つで心理状態に影響を与えていることはあまり考えたことないのではないでしょうか、この資格には心理学の知識も含まれているため、料理を食べる人だけでなく、作る側の心理状態も考えた心理学を学べて、人に教えることができる資格なんです。キッチンの掃除はやるけど、配置とかモノの置き場や、使い勝手まで考えて置けている人は少ないと思います。

今でこそカウンターキッチンが主流になりつつありますが、それまではキッチンは隔離されたところにあって主婦の居場所となっていました。それでは家族団欒に母親が入らず寂しい思いをしていたことでしょう。

そうしたストレスから解放する動きの1つとしてもしかしたらカウンターキッチンが流行りだしたのかもしれませんね。

今はキッチンに置く小物や家具など、だいぶ欧米から入ってきてお洒落になりましたし、キッチンにいてストレスを感じる人は少なくなってきたと思いますが、それでもまだ全てとは言えないでしょうね。

じゃあどうしたら良いのか?そこで出てくるのがキッチン心理カウンセラーです。どうしたらストレスなくキッチンで料理ができるのか?ストレスなくじゃなくて、気持ち良く料理ができるのか?

こういう問題をカウンセリングしながら解決していくときこそ、カウンセラーの腕の見せ所です。ただカウンセラーを探すより、自分で知識を付けて模様替えして見た方が楽しくありませんか?

自分が使うキッチンなのですから、自分で試行錯誤して、気持ち良い空間を作ってみましょう。この資格を取ればそれが可能になります。

どうやって受ければいいの?

まずは自信ない人は通信教育から始めてみましょう。今はキッチン心理で検索するとたくさんの通信教育がヒットします。自分にあった通信教育を受講し、その後日本メディカル心理セラピー協会のサイトから試験に申し込みをしてください。あとは全て在宅で受験可能です。空き時間に受験できるので、誰にでも資格を取るチャンスがあります。

認定試験口コミ評判

毎日の料理が楽しくなりました。とか、今回得た知識で講習を開いてます。自分の知っている知識を伝えて笑顔になる人を見ていると楽しくなってきます。など自分の自宅のキッチンを変えるのに役立てた人もいれば、新たな職としてカウンセラーになって講習を開いている人もいます。いきなり講習を開くのは難しいのですが、カルチャースクールなどで講師を募集しているところもあります。

資格取得後、カルチャースクールなどに応募して、時間のあるときに講師をするのもちょっとした副業にぴったりではないでしょうか。自分の習ったことを何度も人に話すことによって自分の復習になり、そこからまた新たに学べることもたくさんあります。

そうやってどんどん自分の知識を深めていき、講師の腕も磨くことで副業のつもりが本業へと変わっていくかもしれません。

この日本メディカル心理セラピー協会も最終的には資格を持った人を増やし、キッチン心理カウンセラーという職業を増やしたい、認知度を高めたいという思いがあるので、それに合致した活動ができます。

是非、少しでも興味を持った方は当協会のホームページを見たり、関連の通信教育の資料請求をしてみてください。
キッチン心理カウンセラー キッチン心理カウンセラー