資格

キッチン資格人気ランキング

キッチン心理

キッチンに立ったときに、何とも言葉にはし難い不快感を覚えたことはないでしょうか。言葉では言い表せない不快感というのは一層ストレスになりますし、気付かぬうちに苛立ちを覚えたりすることもあります。家事を行う方は、ほぼ毎日家庭のキッチンに立たなくてはなりません。このキッチン資格は、キッチンに立った際に感じる心理的な不快感をケアするための知識を身に付けることを目的としています。最近では、キッチン周りをより快適にするための製品が多数開発されています。普及しつつあるシステムキッチンもそうしたツールの1つですが、こうした製品開発にもキッチン資格のスキルを活かすことができます。また食料や飲料が心身に及ぼすリラックス効果は非常に大きなものですので、少しのアイデアで気分が大きく変化することもあります。その他調理器具により日々の調理が便利になることも少なくありません。以下ではそうしたキッチン資格を3つピックアップし、ランキング形式で紹介いたします。

1位 キッチン心理カウンセラー

この資格は、諒設計アーキテクトラーニングが実施している資格試験の1つです。家事を行う方はほぼ毎日家庭のキッチンに立たなくてはなりません。この資格では、そのときに感じる心理的な不快感をケアするための知識を身に付けることができます。最近普及しつつあるシステムキッチンは、こうした不快感を取り除くことができるツールの1つです。また食料や飲料が心身に及ぼすリラックス効果は非常に大きなものですし、その他調理器具により日々の調理が便利になることがあります。そのとき、どのような環境にすればより快適にできるかといったことを、心理的な観点から考察するのがこの資格の特徴と言えるでしょう。家庭だけでなく数々の職場でも役に立つスキルが身につくということも重要な点の1つです。飲食店だけでなく、諸々の施設の厨備等でも重宝されることでしょう。調理の際のストレスを軽減することで、面倒だった家事が楽しいものに変わるかもしれません。

2位 キッチン心理アドバイザー

この資格は、日本インストラクター技術協会が取り扱う資格試験の1つです。どのようなキッチン環境にすればより快適に調理ができるかといったことを、心理的な観点から考察するのがこの資格の特徴です。この資格を有していれば、家庭だけでなく数々の職場でもストレスなく調理ができますし、何より他の従業員との連携が取りやすくなります。飲食店だけでなく、諸々の施設の厨備等でも重宝されることでしょう。調理の際のストレスを軽減することで、新たなレシピを閃く余裕も生まれてくるかもしれませんね。

3位 キッチンスペシャリスト

これはインテリア産業協会が扱う資格の1つです。生活者のニーズに合わせて、キッチン空間、機能、設計、施工の知識を活かし、快適で使いやすいキッチン空間を提案、アドバイスするスキルを身につけることを目的としています。この資格で得たスキルは、主にメーカー等と住まい手の接点にて用いることを意図されています。住まい手のニーズに応えられるように専門的知識を総合的に提供することが大切です。加えて、ガス、電気、水道等の防災対策や、建築構造に関する法的血s機と経験も必要です。
キッチン心理カウンセラー キッチン心理カウンセラー