資格

キャンドルアドバイザー認定試験口コミ評判

キャンドル講座

キャンドルアドバイザー認定試験口コミ評判

美しくデコレーションされたキャンドルを、雑貨店やインテリアショップでよく見かけるようになりました。また、パーティーシーンでも趣向を凝らしたキャンドルサービスは注目を集めています。
このキャンドルを制作する趣味を持つ人がとても増えてきたことにより、キャンドル作りをコーチする教室は、人気コースになっています。

このような教室以外にも、自分でキャンドルショップを開いてサロンを作ったり、あるいはイベント時の仔牛として呼ばれたりと、ますますキャンドルデザインを教えられる人の活躍の場は広がってきています。

現在では、キャンドルデザインの技術レベルを証明できる試験として、旧称「キャンドルインストラクター認定試験」、名称改め現在は「キャンドルアドバイザー認定試験」が、「日本デザインプランナー協会(JDP)」にて実施されています。
この記事ではこの「キャンドルアドバイザー認定試験」についてご紹介します。

 

キャンドルアドバイザー認定試験に特別な受験資格は必要なの?

 

結論から言えば、「キャンドルアドバイザー認定試験」を受験するために必要な受験資格は特にありません。

ロウやワックスを使ったキャンドル製作の工程や、ベーシックキャンドルやアロマキャンドルなどのキャンドルの種類などについて知識、そしてそれらの知識の活かし方を教えるスキルをはかるための試験になっています。

 

 

「キャンドルアドバイザー認定試験」の試験詳細について

 

■試験レベル

 

キャンドルアドバイザー認定試験の試験内容は、その名の通り様々なキャンドルの作り方や、効果的な使い方を人に説明できるスキルをはかる、というものです。

ロウやワックスを使ったキャンドル製作の工程や、ベーシックキャンドル(ラウンド・スクエア・コーン・等)、フローティングキャンドル、カップキャンドル、グラスキャンドル、モチーフキャンドル、アロマキャンドルキャンドルの種類などについて知識と、そしてキャンドルに関する知識を活かし方などのインストラクションスキルが求められますロウやワックスなどキャンドル作りの素材を使って、趣向を凝らしたキャンドルを作るために必要なスキルをはかるための試験になっており、キャンドルデザインのトータル知識が問われる内容になっています。

 

■受験料について

 

キャンドルアドバイザー認定試験の受験料は、「10,000円(消費税込み)」となっています。 ※2016年10月現在

 

■受験申込について

 

キャンドルアドバイザー認定試験は、2カ月に一度の頻度でインターネットから受験申し込み可能です。

 

■受験場所について

 

キャンドルアドバイザー認定試験は、在宅受験になっています。

 

■合格基準について

 

キャンドルアドバイザー認定試験の合格基準は、70%以上の評価となっています。

 

キャンドルアドバイザー認定試験の口コミと評判

 

では、実際に「キャンドルアドバイザー認定試験」を受験された方々の声を聞いてみましょう。

 

「キャンドルデザインが好きで、よく制作したものを幼稚園のバザーやフリーマーケットに出品していました。するとファンになってくださった方からキャンドル制作の基礎を教えてほしい、と要望が相次ぎましたが人を教えた経験もなく、承諾をためらっていました。そんな中、このキャンドルアドバイザー認定試験の存在を知り、キャンドル制作を教えるインストラクターとして認められる資格取得後なら自信を持てると思い受験しました。合格後はさらにインストラクション依頼を受けることが多くなり、さらにキャンドル制作に張り切って取り組んでいます」

 

「花屋を経営していますが、競合店が増えてきたため、何とか差別化を図ろうと思いついたのがこのキャンドル制作教室でした。売れ残ったお花をドライフラワーにして教材にすれば一石二鳥と考え付き、さっそくこのキャンドルデザインマスター認定試験を受験しました。おかげでキャンドル制作教室も好評を得てお花の売り上げアップにもつながっているようです」

などの声が寄せられています。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

キャンドルは、燃やしてしまえばなくなってしまう、ある意味消耗品のため、次々制作したくなる人が多いようです。キャンドル作りを教えられる技術を証明できる、このキャンドルデザインマスター認定試験に合格すれば、収入アップにつながる可能性も見込めますよ。

ぜひこの「キャンドルアドバイザー認定試験」への受験を検討してみてくださいね。
キャンドル資格 キャンドル資格