資格

キャンドルデザインマスター認定試験口コミ評判

キャンドル講座

キャンドルデザインマスター認定試験口コミ評判

揺らめく炎をたたえるキャンドル作りが、ハンドクラフトを愛する人たちの間で、長く人気が続いています。炎のきらめきはもちろん、好きなデザインを形作れる自由さが人気の秘密のようです。ドライフラワーをあしらってみたり、素材のロウにアロマオイルを混ぜてみたり様々に工夫したキャンドルデザインを楽しむ人たちが増えると、様々なビジネスチャンスも生まれてきました。例えばカルチャースクールやイベント時のインストラクターとして仕事をされている方や、キャンドルショップとして独立開業されている方が珍しくなくなってきました。
現在では、キャンドルデザインの技術レベルを証明できる試験として、旧称「キャンドルマイスターデザイン認定試験」、現在の名称は「キャンドルデザインマスター認定試験」が、「日本デザインプランナー協会(JDP)」にて実施されています。
この記事ではこの「キャンドルデザインマスター認定試験」についてご紹介します。

キャンドルデザインマスター認定試験に特別な受験資格は必要なの?

結論から言えば、「キャンドルデザインマスター認定試験」を受験するために必要な受験資格は特にありません。

ロウやワックスなどキャンドル作りの素材を使って、趣向を凝らしたキャンドルを作るために必要なスキルをはかるための試験になっており、キャンドルのデザイン及び政策に関する総合的な知識が問われる内容になっています。

「キャンドルデザインマスター認定試験」の試験詳細について

■試験レベル

キャンドルデザインマスター認定試験について、主催者側の要求レベル説明については下記のとおりです。
キャンドル製作の材料や各種キャンドルの特徴、製作の工程
■受験料について
キャンドルデザインマスター認定試験の受験料は、「10,000円(消費税込み)」となっています。 ※2016年10月現在
■受験申込について
キャンドルデザインマスター認定試験は、2カ月に一度の頻度でインターネットから受験申し込み可能です。
■受験場所について
キャンドルデザインマスター認定試験は、在宅受験になっています。
■合格基準について

 

キャンドルデザインマスター認定試験の合格基準は、70%以上の評価となっています。

 

キャンドルデザインマスター認定試験の口コミと評判

 

では、実際に「キャンドルデザインマスター認定試験」を受験された方々の声を聞いてみましょう。

 

「きっかけはプレゼントでいただいた手作りのキャンドルがあまりにもキレイだったことから、私も作ってみたいと思ってはじめました。楽しんで作っているうちに、ブログの写真を見た人から売ってほしいといわれたことをきっかけに販売をスタートさせました。自分のペースを大切にしながらのんびり制作販売しています」

 

「元々、子供たちにも安心なナチュラルでオーガニックな材料を使って、せっけんなどを作ることが趣味だったため、キャンドル作りも自然にスタートしていました。そんな中海外赴任が決まり、赴任先のタイで見つけたはちみつ屋さんで、日本で買うと高価な蜜ろうが驚くほど安く手に入ることを知りました。この豊富な材料でキャンドル作りを極めたいと思い、キャンドルデザインマスター認定試験にチャレンジしました。今では同じ駐在中の奥さまやお嬢さんたちと一緒にキャンドルサークルを作りにキャンドル政策を楽しんでいます。」

 

などの声が寄せられています。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

キャンドルはウエディングシーンやクリスマスや誕生日といったパーティシーンなど、様々な場所で雰囲気を盛り上げる小道具として活躍しています。これらの場面で提供できるキャンドル作りの技術を証明できればさらなるスキルアップも見込めますよ。

ぜひこの「キャンドルデザインマスター建築認定試験」への受験を検討してみてくださいね。
キャンドル資格 キャンドル資格