資格

スポーツフード資格人気ランキング

スポーツに関する資格をランキング形式でご紹介します。このランキングを参考に、ぜひあなたも資格取得にチャレンジしてみてください。

1位 スポーツフードマイスター

スポーツフードの資格で最もおすすめなのが、スポーツフードマイスターです。本資格は、スポーツをする人の体を構成する栄養素の役割や機能、年齢や運動量ごとの食事のバランス、などに関する知識を有していることを証明する資格です。大会などに向けて体を強化したり、コンディションを整えるための食事の管理や指導も行えるようになるので、より現場に近いインストラクターの方などにもおすすめです。受験に当たっての資格は特になく、受験方法も在宅受験という誰でも気軽にチャレンジできる点が人気の秘密です。受験料は10,000円で、2ヶ月ごとに試験は実施されていますので、じっくりと学習して自分のタイミングで受験できます。合格ラインは70%。認定団体はJSFCA(日本安全食料協会)となっています。スポーツと食事についての資格が欲しいけれど、どれを最初に取得したらいいかわからない…という方にはぜひ最初にチャレンジして欲しい資格です。

2位 アスリート栄養食インストラクター

JIA(日本インストラクター協会)が認定しているアスリート栄養食インストラクターはスポーツ選手に必要な栄養食に関する幅広い知識を有していることを証明する資格です。競技ごとに必要な体のバランスは大きく異なりますが、競技ごとに最適な食事を考えたりする知識がこの資格により得られます。また、疲労回復や病気の予防など、スポーツ以外での体調管理に関する知識もこの資格を持つためには求められます。受験資格は特になく、受験方法も在宅という点はスポーツフードマイスターと同様です。受験料も10,000円でインターネットから気軽に申し込むことができます。合格ラインも70%なのでしっかりと対策は必要になります。スポーツフードマイスターにとてもよく似ていますので、まとめて受験して資格の複数持ちをするのもアリだと思います。資格を2つ持っているだけで、注目されること間違いなしです。プロの方はもちろんですが、趣味でスポーツを楽しんでいるようなアマチュアの方まで取得しておいて損はない資格といえます。

3位 アスリートフードマイスター

アスリートフードマイスターは、アスリートの体作りに関する深い知識を有する方に送られる資格です。いつ、何を、どのように食べたらいいのかを栄養学の観点から分かりやすく伝えることができる必要があります。本資格は、スポーツにおける食事学の基礎知識を中心とする3級から、高度な健康管理が必要なプロのサポートメンバーとしての役割を担うような本格的な知識を中心とした1級まで、3段回に分かれています。事前に講義を受講料がやや高いのがデメリットで、最も基礎的なアスリートフードマイスター3級でも68,000円の受講料がかかってしまいます。本格的に学びたいプロ志向の方にはおすすめできますが、趣味でスポーツをやっていて自分の知識に箔をつけたいという方にはあまりおすすめできません。

4位 スポーツフードスペシャリスト

JAFA(一般社団法人日本能力教育促進協会)が認定しているのが、スポーツフードスペシャリストです。個人個人の体に合わせた最適な食生活の知識を有し、指導できる方に与えられる資格です。受験は在宅で行うことができますが、事前に協会が認定する講座を受講し、受験を申し込まなければいけません。サプリメントの知識や栄養学などかなり深い学習ができる点はいいですが、受講に当たっても費用も4万円近くかかってしまうため、少しハードルは高い資格といえます。

5位 スポーツフードアドバイザー

一般社団法人日本能力開発推進協会が認定する、スポーツマンの体と食事に関わる幅広い知識を有することを認める資格です。栄養学や体の構造に関する知識にとどまらず、メンタルケアなどについても試験では問われます。受講料は5,600円とリーズナブルですが、認定教育機関でのカリキュラム修了が受験条件なのでハードルは高めです。先にご紹介した資格を取った後に、知識を深めるために受けてみてるのもいいかもしれません。