資格

スープ資格人気ランキング

スープには様々な種類や楽しみ方があります。スープについての資格も沢山ありますが、その中でも人気の資格をランキングでご紹介していきます。

1位 スープマイスター

スープマイスターは、料理関係での様々な資格を行なっている日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定している資格で、スープにまつわる幅広い知識を持っている方に与えられます。スープマイスターを取得するには、スープを食べる際のマナーやスープのレシピ、ブイヨンの作り方などのほか、スープの歴史や食器とスープの関係などについて知っている必要があります。スープは国ごとによっても、また国内でも地域によっても多種多様な違いや特徴がありまので、それらをしっかりと理解しておくことが重要です。資格取得後は飲食業界での仕事に役立てることができるほか、自宅やスクールで講師業をおこなうのにお活かせます。受験はやる気があれば、どなたでもチャレンジすることができ、受験料も10000円とリーズナブルなのもいいですね。スープマイスターの資格試験を受けるにあたっては、インターネットから申し込みを行うことになります。また、受験はどこかの会場で一斉に行うのではなく、自宅で受験することになります。会場で試験をおこなうタイプだと、地方に住んでいる方はとても大変ですが、スープマイスターならそんな心配もありません。合格ラインは7割なので、しっかりと準備して臨めば合格率もグッと上がると思います。試験は年6回開催されていますので、比較的自分の好きなタイミングで受験することができるのも人気の理由のひとつです。

2位 健康スープアドバイザー

健康スープアドバイザーは日本インストラクター協会(JIA)が認定している資格で、薬膳スープなどスープによる健康効果についての知識を有することを証明するものとなっています。スープには美容健康に効果的な栄養素が含まれたものも数多くあり、それらのレシピや効果などを正確に把握した上で他人にスープのアドバイスができることが認定資格に合格する条件です。試験は筆記試験となっていて、受験資格などは特になく、どなたでもチャレンジできます。また、受験資格も10000円と低価格なので、飲食関係の仕事をしているような本格派の方だけではなく、料理が趣味だという主婦の方などにもおすすめです。申し込みはインターネットから申請することができ、受験は在宅でおこなうことが可能です。また、合格率も7割で試験日程も年6回の偶数月に開催されている点も、スープマイスターによく似ています。スープマイスターと試験範囲が一部かぶる部分もありますが、健康スープアドバイザーは美容健康を中心に知識が問われるようです。スープマイスターだけでは満足できない方やどうせなら複数の資格を取りたいという意欲的な方におすすめです。資格に対応した有料講座もあるので、それを利用するのもいいかもしれません。

3位 スープソムリエ

スープソムリエは、一般社団法人日本能力教育促進協会(JAFA)が認定している資格で、世界や日本のスープレシピやその歴史的背景などの知識を習得している方に送られるものになっています。スープソムリエになると、スープに関する正しい知識を持ち、様々なスープを作って楽しむことができるようになります。試験を受験するには、協会が指定している認定機関が実施する講座を受講した方のみが進むことができます。ちょっとハードルが高いようにも感じますが、試験自体は在宅で受けることができるので忙しい方にもおすすめです。また、認定機関のウェブシステムから試験の結果も終了後、すぐに確認することができますので、合格発表までのモヤモヤする機関もありません。スープを取り入れた料理教室を開きたいと考えている方や、趣味レベルでもスープレシピを開発して楽しみたい方など色々な方におすすめできる資格ですが、受講料などがスープマイスターや健康スープアドバイザーなどに比べて高額なのはデメリットと言わざるを得ません。