資格

タイ古式整体資格人気ランキング

タイ古式マッサージ

タイの伝統的な整体は日本でも高い人気があります。今回はそんなタイ古式整体に関わる人気資格をランキング形式でご紹介します。この記事を参考に自分にあった資格取得にチャレンジしてみてください。

1位 タイ古式整体ボディセラピーアドバイザー

タイ古式整体ボディセラピーアドバイザーは日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が認定している資格で、タイ古式ボディセラピーに関する知識を持っている方に与えられます。試験では、タイ古式整体ボディセラピーの歴史や施術にあたっての解剖生理学や食事の知識などについて問われることになります。受験資格は特になく、どなたでも気軽に受験することができる点は人気の理由の一つです。また、受験料も10000円とリーズナブルで、申し込みもインターネットから簡単におこなうことができます。受験も会場でまとめて行われるのではなく、在宅での受験となります。会場受験だと地方にお住いの方はとても困りますが、その点も安心ですね。合格ラインは70%となっていますので、しっかりと対策をして臨めば合格できると思います。試験は二ヶ月に一度のペースで開催されていますので、好きなタイミングでチャレンジしてみてください。タイ古式整体ボディセラピーアドバイザーは、趣味レベルの方から本格的なプロの方まで幅広い方におすすめの資格と言える人気の資格です。

2位 タイ古式ヨガボディヒーリング

日本インストラクター技術協会が認定している資格が、タイ古式ヨガボディヒーリングです。タイ古式の施術の基本に加え、お店を開業した際の接客の注意点などに関する知識を持っていることが証明されます。受験資格は特になく、趣味でタイ古式ヨガを楽しむ方でも受験することが可能です。受験料も10000円と、タイ古式整体ボディセラピーアドバイザーと並びリーズナブルなのも魅力的ですね。申し込みはインターネットから行い、在宅受験、合格ラインが70%であるという点も、タイ古式整体ボディセラピーアドバイザーと同様です。タイ古式整体ボディセラピーアドバイザーとよく似ていますので、2つあわせて一気に資格を取得してしまうのにもおすすめです。やはり、資格が2つあるというのは大きなメリットだと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。

3位 JTTMA認定プロフェッショナルセラピスト資格

日本タイ古式マッサージ協会(JTTMA)が認定している資格で、タイ古式マッサージに最先端の西洋医学の知識を合わせることで解剖学に基づいたタイ古式マッサージができる技術を有していることを証明してくれます。プロフェッショナルセラピストを取得するには、ベーシック・アドバンス・スキルアップの3科目を受講し、筆記試験と実技試験をパスする必要があります。授業時間は122時間とかなりボリュームがあるのに加え、費用も40万円以上とかなり高額になってしまうため、正直なところ、気軽にチャレンジできる資格ではありません。ただし、ボリュームがすごいぶん、一から本格的な学習をすることができるため、本格的にお店の開業を考えている方はチャレンジしてみてもいいかもしれません。

4位 タイ古式ボディケアセラピスト

タイ古式ボディケアセラピストは、一般社団法人日本能力開発推進協会が認定している資格で、タイの伝統医学の知識をもとに実際にボディケアの施術をする技術を持つことを証明します。受験には協会の認定機関で指定講座を修了する必要があります。受験は会場ではなく、在宅なのは嬉しいですが、講座受講と受験で費用がややかさんでしまうのが難点です。1位から3位の資格だけでは満足できない方はチャレンジしてみるといいでしょう。

5位 TTMA公認・プロタイマッサージセラピスト

特定非営利活動法人日本トラディショナルタイマッサージ協会が認定している資格が、プロタイマッサージセラピストです。この協会は2001年に生まれた比較的新しい組織で、まだまだその認知度は高くありません。資格は7段階に分かれており、段階的に知識と技術を習得することができます。また、試験は実技試験などもありますので、知識だけではなく、施術の技術もしっかりと持っている必要があります。
タイ古式マッサージ資格 タイ古式マッサージ資格