資格

タロットカード・占い資格人気ランキング

タロット資格

22枚の大アカルナと呼ばれているカードと、56枚の小アカルナと呼ばれているカードを使用して占ないます。身の回りの小さな悩みから、時には人生の岐路に立った人に対して背中を押す助言となる占いを行う事もあり、占い師は重要な助言やアドバイスを求められます。学術的な根拠は無いと言われていますが、古くは古代エジプトや古代ユダヤに起源があるという説もあるほど、古代の西洋を中心に普及していました。現存する最古のタロットカードは15世紀半ばの北イタリアで製作されたもので、現在にかなり近い形態をしている事が判っています。現代では占いを行うための道具としてだけではなく、カード遊びとしてのタロットカードもあります。

1位 タロットカード占いインストラクター

JIA日本インストラクターが認定を行っている民間資格になります。プロのタロット占い師に見てもらうのではなく、自分でタロットカードを使えるようになる事で、嘘偽りのない真実を見いだせたり、自らタロットカードを使用して自分自身を占い事で人に頼りすぎる事が無いメリットが享受できます。タロットカード占いインストラクターは自分で占い事ができるようになった方が認定される資格です。受験資格は特になく、申し込みから合否判定迄全て自宅からでも行う事ができる在宅インターネット方式を採用していますので、取得しやすい環境が整っています。受験費用は消費税込みの10,000円。70%以上の評価を得る事で認定を受ける事ができます。

2位 スピリチュアルタロットアドバイザー

JAAMP日本アロマメディカル心理セラピー協会が認定を行っている民間資格で、スピリチュアルタロットアドバイザーは目に見えない霊的であり神聖で魂的なものを五感を使い感じる事でタロットカード占いをより深く占う事ができると認められた方が認定されます。受験資格に制限はなく、どなたでも受験する事ができ、受験申請はインターネットを通して受付をしています。合否判定は70%以上の評価を持って合格となり、受験料は10,000円と低価格で人気の資格です。資格取得後は自宅や占い館、カルチャーセンターなどでスピリチュアルタロットアドバイザーとして活動をする事ができます。

3位 タロットリーディングマスター

JADP
日本能力開発推進協会によって与えられる民間資格で、プロのタロット占術師である事を証明する資格となります。受験資格は協会が認定している教育機関によって行われている全カリキュラムを終了した人が対象となります。カリキュラムは通信講座で受講する事ができ、78枚のタロットカードが意味している事を理解し、占う相手にとってどのような意味を有しているのかを理解する事ができるカリキュラムが組まれています。講座ではタロットの歴史や占い時の様々なケーススタディ‐などを学び、試験はタロットカードの基礎知識、スプレッドに関する知識、タロット占い師としての職業能力を中心に審査されます。試験は全カリキュラムを終了した時点で随時行う事が可能で、受講料は5,600円とリーズナブルな受験料となっています。合否判定基準については70%以上の評価を持って合格となります。資格取得後はプロの占い師として活動を行う事ができ、独立開業も可能です。

4位 タロットリーダー・インストラクター

TRAタロットリーダー協会によって与えられる民間資格です。入門⇒ベーシック⇒アドバンス⇒プロフェッショナルと4段階になっています。タロットリーダーとは自らタロットを楽しみたい方、プロのタロットリーダーになりたい方に最適で、プロフェッショナルクラスを受講後に行われる認定テストに合格することで与えられる資格で、合格後はプロのタロット占い師として活躍する事ができます。タロットリーダーがプロのタロット占い師として活躍しているのに対して、タロットリーダー・インストラクターは4段階のタロット受講科を指導する事ができるスキルが認められた者に与えられる資格であり、各講座を指導する事ができるインストラクターとして認められます。受験資格はタロットリーダー・インストラクター養成講座を受講している事が条件となります。講師として必要なスキルを学び、コミュニケーション論や指導論などを受講し、必要なスキルを身に付け、TRA認定タロットインストラクター試験に合格する事でタロットリーダー・インストラクターとして活躍する事ができます。
タロットカード占い タロットカード占い