資格

トレーニングサポーター認定試験口コミ評判

筋トレ

近頃は、活躍しているアスリートの陰には必ずと言っていいほど、トレーニングサポーターはじめ支援チームがサポートしていることが多いですね。

そして一般の人たちも事務に入会したりすると、専任の栄養士やトレーニングサポーターがついてもらえるサービスを受けられることが増えてきました。筋力トレーニングはやり方ひとつで効果の出方が全く変わるため、プロフェッショナルの知識が必要とされているのです。

この筋力トレーニングの基礎知識があることを認定する「トレーニングサポーター認定試験」という試験が誕生し、現在「日本生活環境支援協会」にて実施されています。

この記事ではこの「トレーニングサポーター認定試験」についてご紹介します。

特別な受験資格は必要なの?

結論から言えば、「トレーニングサポーター認定試験」を受験するために必要な受験資格は特にありません。

必ずしもスポーツトレーナやトレーニングサポーターとしての就業経験がなくても、自由に受験することができます。「トレーニングサポーター認定試験」は、あくまでも筋力トレーニング全般についてアドバイスができる知識を持っていることを認定するための試験です。

「トレーニングサポーター認定試験」の試験詳細について

■試験レベル

「トレーニングサポーター認定試験」は、トレーニングサポーターとして、それぞれの筋力トレーニングの基礎知識があることを認定する試験です。

トレーニングの道具の使い方、トレーニングに適した食品やトレーニング前後の食事、プロテインの選び方、トレーニングに適したストレッチについてその方法と食事についての知識があることの証明になります。例えば、筋トレと合わせることでダイエットにも効果的な有酸素運動や、行うタイミングによって異なる効果的なストレッチの種類に関しての知識も求められます。

■受験料について

トレーニングサポーター認定試験は、「10,000円(消費税込み)」となっています。 

受験申し込み後から数日後に、試験問題と解答用紙が郵送されます。このとき、受験料を「代金引換」にて支払うシステムになっています。

■受験申込み~合否通知の受け取りまでの流れについて

トレーニングサポーター認定試験は、2カ月に一度の頻度でインターネットから受験申し込み可能です。

後は決められた試験期間内までに、回答用紙を返送すれば完了です。

その後インターネットに掲示されている「合格通知発送日」から数日後に合否通知が郵送されます。

■合格認定証および認定カードの発行について

合格後希望者には、以下の手順で合格認定証および認定カードの発行を依頼することができます。

1.申込みフォームから合格認定証/合格認定カードを選択して発行申請を行う

2.本人写真(縦4cm×横3cm、フチなしのもの)を、協会宛に郵送する

発行に関する費用の支払いは受験料同様に代金引換(日本生活環境支援協会のサイトによれば、佐川急便のeコレクトサービスになるようです。クレジットカードやデビットカードが使用できます)になります。

なお、合格認定証・認定カードともにそれぞれぞれ「5,500円(消費税込み)」となっています。

手数料や送料は一切掛かりません。 

■受験場所について

「トレーニングサポーター認定試験」は在宅受験になっています。

答案提出期限の範囲内で、都合のよい受験日を自由に選ぶことができるのは、お仕事をお持ちの方や子育て中の方にも受験しやすいうれしいポイントですね。

設定された試験期間内の都合のいい日に、受け取った解答用紙で受験した後には、日本生活環境支援協会まで速やかに返送しましょう。

■合格基準について

トレーニングサポーター認定試験の合格基準は、70%以上の評価となっています。

トレーニングサポーター認定試験の口コミと評判

では、実際に「トレーニングサポーター認定試験」を受験された方々の声を聞いてみましょう。

「以前無理なダイエットをしたことによって体を壊し、やせた体重もあっという間にリバウンドした苦い経験があります。今度は筋力をつけながらキレイに痩せようと考え、筋力トレーニングについて広く知識を持とうと、このトレーニングサポーター認定試験を受験しました。おかげでダイエットにも成功でき、この経験を生かして何かできないか考えているところです。」

「息子のサッカーチームのサポーターをしている中で、子供たちのトレーニング内容について知識を持ちたいと思い、このトレーニングサポーター認定試験にチャレンジしました。合格後は息子やコーチからもすごい!といってもらえ意見を聞いてくれるようになり、本当に取得してよかったです!」

「部活の顧問として、生徒たちのトレーニング内容を指導できるようにこのトレーニングサポーター認定試験を受験しました。今まではつい生徒任せにしていたけれど、現在は最上級生と定期的にトレーニング内容を見直すミーティングを持ち、試合の成績も徐々に上がってきました。」

などの声が寄せられています。

まとめ

いかがでしょうか?

このようにトレーニングサポーター認定試験は、スポーツを究めるため楽しむために必要な筋力トレーニングの知識が効率よく学べる試験になり、スポーツに関する仕事での活躍が期待できます。

ぜひこの「トレーニングサポーター認定試験」への受験を検討してみてくださいね。
筋トレ資格取得 筋トレ資格取得