資格

ニーズの高い「ホームヘルパー」

shikaku5

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)とは?

介護職員初任者研修は講習を受け修了した者に与えられる認定で、国家資格ではありませんが、訪問介護において身体介護・家事援助ができ資格のことを指します。旧ホームヘルパー2級の資格が平成25年4月1日から介護保険法の改正により介護職員初任者研修に移行しました。介護保険法の第8条第2項において介護福祉士と共に、介護行為を許された『その他政令(介護保険法施行令)で定める者』のことで、一般に2級取得者の需要が多いため2級課程から取得する者が多い。これは、2級取得者の需要が多くなっています。ホームヘルパーは、厚生労働省が認定した講習事業者が講習を行い、事業者から修了証が渡されることによってはじめて資格を取得することができます。

訪問介護員(ホームヘルパー)になるには?

訪問介護員(ホームヘルパー)を目指す方は、各都道府県の指定を受けた事業者が実施する「介護職員初任者研修」もしくは、「実務者研修」を受講する必要があります。資格を取得するまでに一般的にスクーリングや通信講座を含め130時間の研修が必要といわれています。また、筆記試験があり、研修による知識の定着が図られたかなどがテストされます。これらのプロセスは介護に携わる人が最低限必要とする知識・技術と、それを実際に行う際の考え方などを学び、基本的な介護業務を行うことが出来る資格として「研修」は位置付けられています。つまり、介護職として働くにあたり、現在、最も初歩の資格となります。一方でホームヘルパーの資格を持っておけば、働き先は数多く存在し、正社員に限らず、パート、アルバイトなど様々なため、自分のライフスタイルに合わせて勤務形態を選ぶことができるので注目度の高い資格です。

活躍の場

近年、高齢社会化が進む日本では、ホームヘルパーの需要がますます高まっています。ホームヘルパーの資格を持つ人は、全国の福祉施設、訪問介護ヘルパーやデイサービスセンターなどさまざまな場所で求められています。また、医療機関(病院・診療所など)で、院内ヘルパーとして医師や看護師の指示のもと、ベッドメイキングや食事の配膳・下膳、患者さんの搬送などをサポートする場合もあります。給料は決して高額とは言えませんが、一般的なパートやアルバイトの仕事と比較すると、かなり安定した収入を得ることができる仕事です。また、ホームヘルパーの仕事で身につくスキルや知識は仕事だけではなく、将来自分の家族を介護する際や、自分自身が介護される側になったときにも大変役に立つ技能といえるでしょう。

ホームヘルパーに向いている人

ホームヘルパーの仕事はやりがいはあるものの、その業務内容は決して楽とは言えません。体の不自由なお年寄りの付き添いや入浴介助や排泄のお世話をするのがホームヘルパーの仕事です。また利用者の身体の状態に合わせ、専門的な介護サービスや日常に必要な事柄について援助を提供します。常に人を相手にしなければならない仕事なので、ホームヘルパーは明るく他人を思いやることのできる人に向いているといえるでしょう。精神的にも肉体的にも大変な仕事なので、それなりの忍耐力や体力がないと難しい仕事と言えるかもしれません。