資格

ニードルフェルト資格人気ランキング

ニードルフェルト羊毛

リビングにさりげなくニードルフェルトがあるとかわいらしいと思いませんか?動物をはじめとした様々なニードルフェルトが飾ってあると、どこか華やかな雰囲気になりますよね。ですが雑貨屋などで買おうと思うと意外とお金が掛かることも事実です。そんなニードルフェエルトですが、自宅での制作も可能です。制作に必要なスキルさえあれば、後は道具を揃えるだけで制作が可能ですので、非常にリーズナブルにお部屋にニードルフェルトを飾ることができるようになります。以下では、ニードルフェルトの制作に必要なスキルを身に付ける上で有用な資格3つをピックアップし、ランキング形式で紹介いたします。

1位 羊毛フェルトアドバイザー

日本生活環境支援協会で取り扱われているこの資格は、一定水準を上回るニードルフェルトに必要な基礎知識を有する方に認定される資格です。また基礎知識だけでなく、様々なレシピに関する技術を身に付けることも目的としています。具体的にはニードルフェルトに必要な道具やテクニック、フェルトボールの作成方法、石鹸水を用いたフェルトボールの作成方法、刺繍方法を試験します。さらにはフェルトの色の混ぜ方に関する技術も身に付きます。基礎から実戦的スキルまで身に付け、その技術を証明するための資格を求めている方にはおすすめの資格です。資格取得後には自宅やカルチャースクールでの講師活動が可能です。

2位 ニードルフェルトデザインマスター

この資格は日本デザインプランナー協会で取り扱われています。この資格では、ニードルフェルトに必要な道具に関する知識と、フェルトボールの作り方、刺繍テクニック、目の取り付け方など、ニードルフェルト制作の基本知識と技術を身に付けることが目的とされています。資格試験の内容はレシピと、ニードルフェルトで実際に作成するイースターエッグやトラ、ペンギンなどの動物、ペンケース、雪だるまなどのオーナメントなど、より実践的な技術が挙げられます。羊毛フェルトアドバイザーと比較して、実践的な技術が身に付いているかをテストします。ニードルフェルトに関する基礎的な技術には既に自信があるという方にはおすすめの資格です。

3位 がまぐちマイスター

日本羊毛フェルト協会で扱われるがまぐちマイスターの資格は、上記2つとは少しジャンルが異なる資格です。がまぐちと聞くと、日本に昔から伝わる伝統のアイテムというイメージがあるのではないでしょうか。しかし、ここでのがまぐちとは、イメージにあるような渋いものではなく、可愛らしいものまで様々ながまぐちを作ることができます。この資格を取得するためには、ニードルフェルトに関する高い技術と知識が必要です。こうした知識を交えながら、がまぐち制作に必要な知識を身に付けていきます。がまぐちマイスターの資格取得を達成した方は、その称号と同時に、がまぐちの販売が可能となります。ですが、「がまぐちマイスター養成コース」の講座を受講する必要があります。当然講座には料金が掛かりますので、これまで独学での習得がうまくいかなかった方や、基礎からしっかりと学び直したいという方は、講座を通して資格取得を目指すことをおすすめします。
ニードルフェルト ニードルフェルト