資格

ハウスクリーニングアドバイザー認定試験口コミ評判

ハウスクリーニング掃除

掃除の行き届いた清潔な美しい部屋をキープしたいのに、現実はほど遠い、とため息をつく方が少なからずいらっしゃることでしょう。毎日仕事に育児に、そして掃除をはじめとする家事にと、女性たちの多忙な生活を考えれば無理はありません。

しかし、掃除こそ正しい方法を知ることで、見違えるほど効果が上がる家事はありません。

そこで、効率的な掃除に必要な理論的な方法や、コツをアドバイスできる資格として、「ハウスクリーニングアドバイザー認定試験」という試験が生まれました。

この「ハウスクリーニングアドバイザー認定試験」が、「日本生活環境支援協会」にて実施されています。

この記事ではこの「ハウスクリーニングアドバイザー認定試験」についてご紹介します。

 

特別な受験資格は必要なの?

 

結論から言えば、「ハウスクリーニングアドバイザー認定試験」を受験するために必要な受験資格は特にありません。

必ずしもハウスクリーニングに関する実務経験がなくても、自由に受験することができます。

「ハウスクリーニングアドバイザー認定試験」は、あくまでも収納に関するアドバイスを行うスキルを持っていることを認定するための試験です。

 

「ハウスクリーニングアドバイザー認定試験」の試験詳細について

 

■試験レベル

 

ハウスクリーニングアドバイザー認定試験では、ハウスクリーニングのプロフェッショナルとして、ハウスクリーニングに関するテクニックやポイントを的確にアドバイスできるかを試験されます。

試験主催者側から発表された試験詳細は以下の通りです。

 

1.快適な住まいで暮らしましょう、ハウスクリーニングの意義、どうして掃除をするの?、ハウスクリーニングの基本、ハウスクリーニングという職業、収支見込み・今後の展望を考える、開業までの道のり、ハウスクリーニング業者の心構え、ハウスクリーニングは儲かる?、これからますます需要が増える

 

2.用具と洗剤、用意したい道具と洗剤、プロの道具と洗剤とは、一般家庭の掃除道具とプロの道具、道具と選び方、掃除機/箒/ちりとり・てみ/雑巾/モップ/ブラシ/purmie ScouringSuck/スクレイパー/ケレン/スクイジー/スチールウールたわし/スポンジ/ハンディパット/デッキブラシ/スプレイヤー/バケツ/ドライバーセット等工具/カミソリ刃/バスタオル/ゴム手袋・軍手/延長コード/ゴミ袋/ラバーカップ/耐水サンドペーパー/脚立/高圧洗浄機/ジェットドライヤー/送風機/コードリール/ポリッシャー/スクラバー洗浄機/パウダーマシン/作業板、洗剤/漂白材/クレンザー/金属磨き剤/剥離剤/カーペット用洗剤/床

 

3.廊下・階段、廊下・階段の掃除、隅を丁寧に掃除しましょう、隅が多い廊下や階段の掃除機のかけ方、階段をモップで掃除、すべり止めの黒ずみ汚れに、階段の手すりも忘れずに、洗浄面の素材に注意など
■受験料について

 

ハウスクリーニングアドバイザー認定試験は、「10,000円(消費税込み)」となっています。 ※2016年現在

 

■受験申込について

 

ハウスクリーニングアドバイザー認定試験認定試験は2カ月に一度の頻度でインターネットから受験申し込み可能です。

申し込みから数日後に、試験問題と解答用紙が受験料代引き郵便で郵送されます。後は、決められた期間で内に、回答用紙を返送すれば完了です。後は、合格通知発送日から数日後に合否通知が郵送されます。また、必要に応じて、合格認定証・合格認定カードを依頼できます(5500円 ※2016年現在)。申込みフォームから合格認定証・合格認定カードどちらかを選択して発行申請します。合格認定カードの場合は顔写真が必要です。

 

■受験場所について

 

在宅受験になっています。

そして、試験期間や答案提出期限の範囲内で、受験日を自由に選ぶことができるのはうれしいですね。

 

■合格基準について

 

ハウスクリーニングアドバイザー認定試験の合格基準は、70%以上の評価となっています。

 

ハウスクリーニングアドバイザー認定試験の口コミと評判

 

では、実際に「ハウスクリーニングアドバイザー認定試験」を受験された方々の声を聞いてみましょう。

 

「掃除好きが昂じてこのハウスクリーニングアドバイザー認定試験にチャレンジした40代の主婦です。綺麗に掃除できていたつもりでしたが、やはりプロの視点で部屋を見ればまだまだ掃除が行き届いているとはいえなかったことがわかりました。合格後の今は働く主婦の方をサポートできるハウスクリーニング代行業務を始めたいと考えています。」

 

「掃除の基本を知りたくて、このハウスクリーニングアドバイザー認定試験を受験してみました。これまで改めて掃除について勉強したことなどなかったため、得た知識が非常に新鮮でした。」

 

「アトピーの子供がいるため、ハウスクリーニング方法については、注意を払ってきました。ハウスダスト防止はもちろん、身体と環境に優しい洗剤の選び方などです。このハウスクリーニングアドバイザー認定試験では、さらにプロのテクニックを勉強する機会となり、一生の財産となるスキルが身についたと実感しています。」
などの声が寄せられています。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

このようにハウスクリーニングアドバイザー認定試験は、意外とあやふやな知識を持っていることの多いハウスクリーニングに関する正しい知識を試される試験になります。掃除が苦手な人は意外に多く、正しい掃除の仕方をアドバイスすることでとても感謝されるものです。

ぜひこの「ハウスクリーニングアドバイザー認定試験」への受験を検討してみてくださいね。
ハウスクリーニング ハウスクリーニング