資格

ハウスクリーニング・掃除資格ランキング1~5位

ハウスクリーニング掃除

共働きの家庭が増えたことを反映してか、ハウスクリーニングの需要がますます高まっています。日常生活だけでなく、プロとしてハウスクリーニングや掃除を行う際に役に立つ資格も多くあります。掃除をすることが好き、もっと専門的に学んで仕事に活かしたい、という人は、ぜひ、ハウスクリーニング・掃除資格にチャレンジしてみてください。それぞれの資格を、おすすめ順にランキングにしましたので、参考にしてください。

1位:ハウスクリーニングアドバイザー

「日本生活環境支援協会」が主催する認定資格です。ハウスクリーニングアドバイザーは、掃除のプロとしての視点から、その知識を活かして、的確にアドバイスを行うことができる人に与えられる資格です。プロとして、掃除道具の使い方や、状況に応じた適切な掃除法を選択する知識や技能が問われます。

ハウスクリーニングアドバイザー認定試験の受験申請は、インターネットから行うことができ、在宅で受験できるので、気軽にチャレンジすることができるでしょう。

資格取得後は、自宅あるいはカルチャースクールなどで、講師として活動もできます。また、さまざまな掃除のノウハウや技能も身に付けることができるので、実生活にも役に立ちます。クリーニングや掃除が好き、興味があるという人は、ぜひチャレンジしてみるとよいでしょう。

2位:クリーニングインストラクター

「日本インストラクター協会」が主催する認定資格です。掃除に関してさまざまな知識を有し、知識を基に、実際に掃除を行う技能を有する人に認定されます。

こちらの資格も、ネットから受験申請でき、在宅受験ができます。資格取得後は、講師として活動し、知識を広めることができます。

また、クリーニングインストラクター資格を取得することで、さまざまな掃除方法を学ぶことができます。水垢をきれいにする方法や、フローリングの掃除法なども学べ、普通の掃除では落ちにくい汚れも、資格取得の過程で得た知識や技術を利用してきれいにすることができます。実生活にも役立つ資格ですし、それほど難易度も高くないため、取得しておくとさまざまな場面で役に立つでしょう。

3位:ハウスクリーニング士

「日本ハウスクリーニング協会」が認定する資格です。ハウスクリーニング士は、ハウスクリーニングの専門家であり、その分野で開業するのに必要な知識や技能を有する人に認定されます。従って、ハウスクリーニングの業界で独立することを目指す人が取得することが多いようです。

JHAビジネススクールという、資格取得を希望する人のための養成講座で、さまざまなハウスクリーニングの知識や技術、開業や営業に関する知識も学ぶことができます。同協会の会員であれば、資格取得後も、親睦会を行ったり、仕事のバックアップを行ったりしてもらえます。

初心者が掃除の技術を学ぶというより、プロとして独立開業を目指す人のための資格であり、将来ハウスクリーニングで生計を立てたい人におすすめです。

4位:掃除検定

掃除検定とは、「日本掃除能力検定」のことで、「日本掃除能力検定協会」が実施します。
掃除は、年齢に関係なく、日常で役立ち、日常において学べることであり、6歳から100歳までの、幅広い年齢層の人たちが掃除検定に挑戦しています。

級は、1~5級まであり、1級と2級では実技試験が課されます。2級は、掃除に関する知識や技術だけでなく、ハウスクリーニング業界で独立開業するためのあらゆる業務から出題されます。また、1級は、論文の作成と、ボランティア活動が必須科目となります。

掃除検定は、自らの掃除のスキルアップと、その証明のために取得する人が多くいます。身の回りの日常生活にも役立つ知識や技術が得られます。
仕事に活かすのであれば、できれば2級以上を目指したいところです。特に、1級は、掃除能力検定検定士1級、上級者という位置づけで、クリーニング・掃除業界や、飲食業界からの信頼も得られるでしょう。

5位:ハウスクリーニング技能士

ハウスクリーニング技能士とは、国家資格である技能検定制度の1種です。「全国ハウスクリーニング協会」が実施する、ハウスクリーニングの学科、実技試験に合格した人の呼称です。

受検には、パート・アルバイトも含めた3年以上の実務経験が必要となります。ハウスクリーニング技能士は単一等級であり、学科試験と実技試験が課されます。実技試験では、レンジフードの洗浄や、ウール素材のダイニングチェアの汚れ落とし、五徳(ガスコンロの鉄の部分)の汚れ落としや、床のきず補修など、7つの課題が課されます。

試験の難易度は高めで、初心者から目指すというより、ハウスクリーニング業界で働いている人や、独立開業を目指す人が受けることが多いようです。
ハウスクリーニング業界では、開業に特に資格は必要ありませんが、国家資格として、ハウスクリーニング技能士であることは、仕事をする上で高い信頼を得ることができるでしょう。
ハウスクリーニング ハウスクリーニング