資格

ハーブ資格ランキング1~5位

ハーブティー

ハーブとは、さまざまな香草や薬草などの総称です。滋養強壮や風邪、冷え性など、さまざまな身体の不調を整える効果がみられることから、古くから世界中で多くの種類のハーブが使用されてきました。
ハーブの使用法や取扱いにはさまざまな注意点があるため、、それを扱うハーブ資格というものがいくつか存在します。ハーブの知識を得て、実生活に役立てたい、あるいは、ハーブを取り扱う仕事に就きたいと考えている人は、ハーブ資格にチャレンジしてみることをおすすめします。いくつかの資格をランキングにしましたので、チェックしてみてください。

1位:メディカルハーブカウンセラー

メディカルハーブとは、ハーブの中でも特に、薬効が高いとされる薬用ハーブのことをいいます。
メディカルハーブカウンセラーとは、ハーブのリラックス、リフレッシュ、デトックス効果など、その効能に関する知識を有し、カウンセリングによって適切なハーブを提案する技能を持つ人に認定される資格で、「日本アロマメディカル心理セラピー協会」が主催しています。

メディカルハーブカウンセラーの資格を取得するには、通信講座などで学習し、試験を受けるのが一般的です。講座では、ハーブの基礎知識からハーブティーの楽しみ方、ハーブの料理、ハーブの作用などを学ぶことができます。
試験は在宅で受験できます。

資格取得後は、自分でハーブを使用するために知識を活用している人が多いようですが、講師活動をしたり、ハーブ専門店やアロマショップ、エステなどで資格を活かして働いたりすることもできます。ハーブに興味がある場合は、まず取得しておくと便利な資格でしょう。

2位:ハーブライフインストラクター

「日本安全食料料理協会」が主催する認定資格です。ハーブを生活に活用し、ライフスタイルを充実させる知識や技術を持つ人に認定されます。

試験では、ハーブの基礎知識を始め、ハーブティーの淹れ方やハーブ料理、ハーブの有効成分、ブレンド方法と効果などが問われます。問われる知識は基礎的なことであり、試験は在宅で受験できるので、比較的チャレンジしやすい資格でしょう。初心者からでも、資格の取得によってハーブのさまざまな知識や活用法が習得できます。

資格取得者は、講師活動を行うことができますし、食品関係の就職においても有利となるようです。実生活にも十分に役立てられるため、メディカルハーブカウンセラーとあわせて、取得しておくと便利な資格です。

3位:メディカルハーブ検定

「日本メディカルハーブ協会」が実施している検定試験です。15種類の身近なハーブについて基本的な知識を有し、生活の中での役立て方、ハーブを用いた料理やハーブの育て方などが問われます。

検定は年2回行われます。検定合格後に、同協会の会員となり、研修プログラムを終えると、メディカルハーブコーディネーターとして認定されます。
さらに専門的な知識を身に付けたい場合は、ハーバルセラピスト、シニアハーバルセラピスト、ハーバルプラクティショナー、ホリスティックハーバルプラクティショナーの4コースの講座に進むことができます。

4位:ハーブセラピスト

「日本ハーブセラピスト協会」が認定する資格です。ハーブセラピストの試験を受けるには、同協会が実施するハーブ検定の1級を取得していることが条件です。

ハーブ検定は、ハーブの知識や活用方法を学んで、自分自身や家族、友人と楽しむ目的で実施されているものです。自分で楽しむ場合は2級、家族や友人にもハーブの楽しさを伝える場合は1級が適しているということです。

ハーブセラピストは、ハーブの活用法のアドバイスができる資格であり、協会からの委任で初級、中級のハーブ講座の開講が可能です。また、一般のハーブ関係の店舗やレストランで、資格を活かして働くこともできます。

5位:ハーブコーディネーター

ハーブコーディネーターは、ハーブに関する本格的な知識とスキルを身に付けていることを証明する資格です。

ハーブコーディネーターの資格は、養成講座を受講して修了することで取得できます。講座では、ハーブの栽培方法から、ハーブティー、ハーブ料理の作り方、ハーブを使ったポプリの作り方、美容への活用法などが学べます。

ハーブ教室や喫茶店を開いたりすることも可能ですし、ハーブの知識と活用法が広く学べますので、実生活でハーブを楽しみたい人にもおすすめの資格です。
ハーブ資格 ハーブ資格