資格

ビジネスのエキスパート「MBA(経営学修士)」

shikaku5

MBAとは?

一頃、留学と言えばMBAを思い浮かべる程、注目された時期がありましたが、MBAとは日本語では「経営学修士」の事であり、英語では「Master of Business Administration」と呼ばれています。MBAを取得するには、経営学専攻のビジネススクールのMBAプログラムを修了しなければなりません。MBAプログラムでは「経営の理論や実践」や「国際的経営のストラテジー」などを学び、生きた経営学を学びながらネットワークや実務能力を高めていきます。MBAは米国公認会計士(CPA)のように、ある特定業務において専門的な知識を保有する資格とは異なり、より幅広い実践的なビジネススキルを身につけていくことを目的としています。そのため、MBAを取得しても、特定業務が法律的に保証されるわけではありませんが、この資格保有者は多くの企業においてマネジャー、上級管理職、部門統括者、責任者としての活躍が期待されています。

MBA教育

MBA教育が盛んなのは欧米諸国で、従来、日本のビジネスパーソンもMBA資格を得るために、アメリカやヨーロッパビジネススクールに留学して修士号をとるのが通常のパターンでした。しかし近年、日本においてもMBA教育が盛んになってきており、国内でも多くのプログラムが設立されるようになりました。MBA教育はビジネス社会で多大な効力を発揮しており、理論と実践的なマネジメントの両方を学んだMBA取得者は、企業や団体から欠かすことのできない人材として熱望されています。

取得方法

MBAを取得するには①海外のビジネススクールに留学②日本の経営大学院に進学③日本あるいは海外のビジネススクールに通信教育で進学という方法があります。海外ビジネススクールへの応募には通常、願書(英文エッセイを含む)、推薦状、GMATスコア、TOEFLスコア、最終学歴に応じた職歴(通常、大学卒で2年以上の実務経験)が必要となります。学ぶ内容は学校によって違いはあるものの、一般的に1年目に必修科目である財務会計、管理会計、企業戦略、ファイナンス、マーケティング、人的資源管理などがあります。2年目に選択科目などの履修が義務付けられていて、自分の専門を決めて、その分野を深く学ぶというケースが多くなっています。また、MBAプログラムは変化が激しいグローバルビジネスの世界に合わせて、時代のニーズに遅れをとらないように、常に更新や改良を重ねているので、同じビジネススクールでも年次によって学ぶ内容は毎年少しづつ異なってきます。

展望

一頃、MBAを取得すると就職や転職に有利になり、キャリアアップにもつながると言われ、実際にMBA保有者は様々な分野でもてはやされる時期がありました。しかし近年、MBA取得は目新しいことではなくなり、日本の企業で就職する場合、MBAで学んだことを直接活かせる場が少ないなどの理由から、むしろ評価対象にならないケースも増えてきました。ただし、外資系やベンチャー系の企業で働く場合は、経営やビジネス全般を幅広く知っていると有利になり、国際的な知識とネットワークを持っていることから重宝がられるでしょう。