資格

ビジネスマネジメント資格人気ランキング

ビジネスマネジメント

ビジネスマネージメントの知識は、大学やMBAなどの専門機関や企業に入社した後に身につけることが一般的です。特に、より実戦的な知識にあればなるほどその傾向は強くなります。この知識を身につけることができれば、日本だけでなく世界の企業がどのような目的を持って企業を経営しているのかが見えてきます。このように、企業の動きの見通しができる能力があれば、株式の動きを予測することも可能です。また就職やキャリアアップにも有用な資格です。企画運営やプレゼンの際、自分のアイデアを通すためにはマーケティング的な観点が不可欠です。どういった製品がどういった年齢層に購入されているのかを論理的に説明できる能力があれば、説得力が高まります。入社前にこの試験で認定を受けていれば、同期よりも一歩先の位置からスタートを切れることでしょう。

1位 ビジネスマネージメント認定試験

この資格を取得するためには、win-winの関係の構築方法や、人間関係を良好に保つためのメンタル心理トレーニング法を身につけることも必要です。win-winやwin-loseといった考えは企業のゲームの中では必須の概念ですし、ゲームの中での関係構築のためには心理的予測もまた不可欠です。こうしたスキルは他企業との関係の中で重要なのはもちろん、自企業内での人間関係の潤滑化にも必要なスキルと言えるでしょう。ビジネスの場面では上司や同僚をパートナーとして業務に取り組むことが多くあります。その際、迅速かつ良好なコミュニケーションを図るが重要ですが、そういった点でもメンタル心理トレーニングは非常に実用的なのです。最近、同僚とうまくコミュニケーションが取れない、などといった悩みを抱えている方はこの機会にビジネスマネージメントの資格を検討してみてはいかがでしょうか。

2位 ストレスケアマネージメント

日常生活の中で感じることの多いストレスですが、ストレスケアマネージメントとは、自分の感情とうまく付き合う方法や、アンガーマネジメントなどの心理トレーニングを用いたストレスケア、現代社会におけるストレスに対応できるマネジメント能力などの知識を身につける資格です。対人関係や適切なコミュニケーションの取り方も学ぶことができます。家庭は企業など、コミュニティ内での人間関係や、ストレスとの付き合い方に頭を悩ませている方におすすめの資格です。

3位 ロジカルシンキングマスター

ロジカルシンキングのスキルは現代のビジネスの場でも重要なものです。企画の提案やプレゼンの場面では、集めてきたデータでプロジェクトを構築しなくてはなりません。そのためにはデータを適切な順序で用いる必要があります。ちょうどデータを柱にして、その上にプロジェクトを支えるイメージです。プロジェクトを通すためには適切な順序で、かつ論理的な欠陥がないようにしなくてはなりません。そうした点で欠陥があるとプロジェクトは不安定なものとなり、周囲からの指示は得られません。論理的思考が苦手な方はこれを機会にロジカルシンキングの資格を取得してみてはいかがでしょうか。この資格は就職活動の際にはもちろん、入社した後にも大きなアピールポイントの1つになります

4位 論理的思考インストラクター

論理的思考とは、一貫した筋道を持った思考を表す言葉であり、ロジカルシンキングと呼ばれることもあります。哲学家ルネ・デカルトの演繹法や、フランシス・ベーコンの帰納法もその1つです。西欧の哲学家によって基礎付けられたこの思考方法は、今や多くの場面で注目を集め始めています。というのも、あらゆる現象には論理的根拠が存在しているからです。そのような点を考慮すると、論理的思考は現象を説明するために必要な基礎部分だと捉えることも可能です。

5位 ビジネスマネジャー検定

管理職の役割である経営ビジョンの浸透や事業戦略の策定、遂行、モチベーションの向上人材育成といった分野に関するスキルを所持していることを証明する資格です。より実戦的な資格であるため、基礎的事項を身につけている方におすすめの資格です。

6位 PMP資格

PMI本部が認定している資格であり、国際資格でもあります。このうちで最も専門的な資格であり、難易度も高めの水準となっています。スキルアップやキャリアアップが望めます。マネジメントスキルに相当の自信がある方はチャレンジしてみると良いかもしれません。
ビジネスマネジメント ビジネスマネジメント