資格

ビーズアクセサリー資格ランキング1~4位

ビーズアクセサリー

ビーズを使ったアクセサリーは、手作り感があふれていて、既製品とは違った趣があります。趣味でビーズアクセサリーを作ってみたい、好きなビーズ小物で収入を得たい、という人は、ビーズアクセサリーの資格を取得してみませんか。ビーズアクセサリーについて、さまざまなスキルが身につくおすすめの資格を、ぜひチェックしてみてください。

1位:ビーズアクセサリーデザイナー

ビーズアクセサリーデザイナーは、ビーズや天然石についての知識、ビーズを扱う技術など、ビーズアクセサリーを作る知識や技術を一定レベル有していることを認定する資格です。

認定試験では、幅広い知識が問われ、ビーズアクセサリーの作成技術など以外にも、ビーズアクセサリーの商品知識や販売の知識も出題されます。
問われる知識は幅広いですが、基礎的なものですし、自宅で受験できる試験なので、ビーズアクセサリーを作るのが初めて、という人であっても取得しやすい資格と言えるでしょう。

ビーズアクセサリーを作ることで、ライフスタイルを充実させたい、作ったアクセサリーを販売したい、と思っている人はぜひ取得を目指してみましょう。

2位:ビーズアクセサリーインストラクター

ビーズアクセサリーインストラクターは、ビーズアクセサリーの作成に要する知識とスキルを有し、それを指導することもできると認められた場合に認定されます。

資格を取得するためには、ビーズアクセサリーインストラクター認定試験に合格する必要があります。ビーズアクセサリーが初めてという場合は、専門の通信講座などで知識やスキルを身に付けるのがおすすめです。
資格を取得することで、アクセサリーに使うビーズや天然石の知識が身に付き、ビーズステッチのスキルや、さまざまなデザインのアクセサリーの作り方をマスターできるでしょう。

ビーズアクセサリーインストラクターになると、講師としても活動できます。ビーズアクセサリーデザイナーと併せて取得しておくと、活動の幅も広がるでしょう。

3位:ビーズアーティスト

ビーズアーティストとは、ビーズを使って何かを作ることの楽しさを伝え、講師として知識やスキルを広める技能を証明する資格です。

ビーズアーティストの認定試験を受けるためには、一般財団法人「日本能力開発推進協会」が指定する認定教育機関が行う教育訓練で、カリキュラムを修了することが条件です。
試験は在宅で受験できます。

資格取得後は、ビーズアーティストとして、ビーズショップで働いたり、講師活動をしたりすることができます。
また、最近はネットショップが普及しているので、自分が作ったビーズアクセサリーを販売することもできるでしょう。
また、ビーズは手先を使う細かい作業であり、認知症の予防に効果があるとされているため、福祉施設などでカルチャー講座を開くこともできます。

4位:ハンドメイド・クリエイター

ハンドメイド・クリエイターは、ビーズを使ったアクセサリーを始め、レザークラフトやバッグ、編み物などの知識やスキルを有することを認定する資格です。
雑貨ハンドメイド講座のカリキュラムを修了すると、ハンドメイド・クリエイターの資格が付与されます。

作成のスキルだけでなく、作品をネット販売するための知識も身に付けることができます。ハンドメイドの教室を開いたり、ハンドメイド作家として作品を販売したい人におすすめの資格です。
ビーズアクセサリー資格 ビーズアクセサリー資格