資格

フラワーアレンジメントデザイナー認定試験口コミ評判

フラワーアレンジメント

日常の暮らしの中でのあいさつやお礼の際に重宝するのがお花のプレゼントです。花束でお渡しするよりも、改めて花瓶に生け直すことなくそのまま飾ることができる「フラワーアレンジメント」はとても気の利いた贈り物として人気があります。具体的には、オアシスと呼ばれる花を挿す花台ベースに、花やグリーンなどの素材をセンス良くあしらうフラワーデコレーションの事を指しています。

「フラワーアレンジメントデザイナー認定試験」とは、このフラワーアレンジメントを作成するに十分なスキルを備えていることを証明する試験になっています。

現在では、建築模型を作成する技術レベルを証明できる「フラワーアレンジメントデザイナー認定試験」が、「日本デザインプランナー協会(JDP)」にて実施されています。

この記事ではこの「フラワーアレンジメントデザイナー認定試験」についてご紹介します。

フラワーアレンジメントデザインの経験は必要なの?

 

結論から言えば、「フラワーアレンジメントデザイナー認定試験」を受験するために必要な受験資格は特にありません。

フラワーアレンジメントに関する基礎知識を問う試験ですから、基礎的な素養があれば市販の関連テキストの学習で十分チャレンジできる試験になっています。

 

「フラワーアレンジメントデザイナー認定試験」の試験詳細について

 
■試験レベル

 

1級と2級に分かれています。試験主催者側の要求レベル説明については下記のとおりです。
フラワーアレンジの基礎、フラワーアレンジメントとは、花材の見分け方、用具の種類、花をケアする、花の取り合わせ、水あげとはアレンジのテクニック、花材の扱い方、花材の切り分け方、花材のため方、花留め、茎を曲げる、伸ばす、葉に動きを出す、形、色、バランス
ブーケ、リース、コサージュ、グリーンのアレンジ、アレンジの応用、実もののアレンジ、ツルのアレンジ、植物以外でアレンジ、プリザードフラワー、ウェディング

具体的には、様々なイベントやパーティなどでの特別なアレンジメントのためのテクニックを問われる内容になっているようです。

■受験料について

 

「10,000円(消費税込み)」となっています。 ※2016年10月現在

 

■受験申込について

2カ月に一度の頻度でインターネットから受験申し込み可能です。

■受験場所について
在宅受験になっています。
■合格基準について
70%以上の評価となっています。

フラワーアレンジメントデザイナー認定試験の口コミと評判

 

では、実際に「フラワーアレンジメントデザイナー認定試験」を受験された方々の声を聞いてみましょう。

「昔から花が好きで、花に関わる仕事がしたいと考えていました。しかし花屋に関する求人が少なく、チャンスはなさそうとあきらめていました。けれどこのフラワーアレンジメントデザイナー認定試験を知り、好きで続けてきたフラワーアレンジメントを人に教える仕事がしたいとチャレンジしました。現在は自宅近くの花屋で定期的にフラワーアレンジメント教室を開催しています」

 

「経営しているレストランの卓上花を自分たちで用意したいと考えたことが、このフラワーアレンジメントデザイナー認定試験受験のきっかけです。おかげでスタッフへの指導にも役立ち、別注でオーダーする必要もなくなり、大いにコストカットに役立ちました」

「子供のころ倣った生け花の延長として、自己流でフラワーアレンジメントを続けてきましたが、体系的に学習してライセンスとしてスキルを証明したいと考えました。そこでこのフラワーアレンジメントデザイナー認定試験を受験し合格することができました。現在はフラワーアレンジメントデザイナーとは関係のない仕事についていますが、退職後にはこのフラワーアレンジメントデザイナーの資格を生かして起業したいと考えています」
などの声が寄せられています。

まとめ

いかがでしょうか?
実際にぜひこの「フラワーアレンジメントデザイナー認定試験」への受験を検討してみてくださいね。
フラワーアレンジ フラワーアレンジ