資格

フレンチ資格人気ランキング

フレンチ

フランス料理の歴史は深く、様々な料理の種類や細かなマナーが存在します。今回は、そんなフレンチにまつわる人気の資格をランキング形式でご紹介します。

1位 フレンチソムリエ

日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定しているフレンチソムリエは、フランス料理の調理方法や食材などについての幅広い知識を持つことを証明する人気資格です。試験では、フランス料理における調理技法や、調理器具のそれぞれの特徴・使い方、食材や調味料の特性、食器の種類などかなり広範囲が出題されます。資格取得後は、フレンチソムリエとしてスクールなどで講師活動を行うこともできます。受験資格は特になく、興味のある方はどなたでも気軽にチャレンジできるのは大きな魅力です。また、受験料も10000円とリーズナブルで、受験申し込みはインターネットから行うことができます。試験は二ヶ月に一度行われており、試験会場での受験ではなく在宅受験になります。仕事や学校でなかなか時間が取れない方でも、フレンチソムリエの試験方法なら空いた時間を上手に使って受験できます。試験勉強は独学で行ってもいいですが、これからフランス料理について勉強していきたいという、まったくの初心者の方には有料講座もおすすめです。合格ラインは70%となっており、しっかりと準備した上で試験に臨めば、決して難しくはありません。趣味レベルから仕事に従事している方まで幅広い方に取得していただきたい、おすすめの資格です。

2位 フランス料理インストラクター

フランス料理インストラクターは日本インストラクター技術協会(JIA)が主催するフレンチの資格です。試験では、フランス料理の歴史や種類、特徴、フランス料理における入店マナーやテーブルマナーなどのちしきが問われます。フレンチソムリエは食材や調理方法に関する知識を持っていることを認める資格であるのに対し、フランス料理インストラクターはマナーや歴史などフランス料理を取り巻く知識を認める資格となっています。事前の講座受講といった受験にあたっての必要な要件は特になく、どなたでもチャレンジできるのが人気の理由です。受験料も10000円とフレンチソムリエと並んでリーズナブルなのも嬉しいですね。また、インターネットから受験を申し込むことができ、在宅で受験が可能です。合格ラインはフレンチソムリエと同様に7割なので、準備さえしっかりしていれば、十分合格は狙うことができます。単なる調理法やレシピにとどまらず、フランス料理について幅広い知識を得たい方は、フレンチソムリエと合わせて取得するとよいでしょう。また、食事でフランス料理をよく食べに行くという方が、自分のテーブルマナーが間違っていないかチェックする目的で受験するのもいいと思いますよ。

3位 フレンチ薬膳ビューティーアドバイザー

フレンチ薬膳ビューティーアドバイザーは一般社団法人ライフスタイルデザインラボが認定するフレンチの資格で、薬膳を用いたフランス料理の基礎知識を持つことを証明してくれます。身近な食材を用いて、病気の予防や回復、健康維持を図る薬膳をフランス料理に取り入れることで、おしゃれで美味しく、健康にも気を遣ってフランス料理をたのしむことができます。そんなフレンチ薬膳に対して、正しい知識を持ち、人にアドバイスができるようになるのがフレンチ薬膳ビューティーアドバイザーです。フレンチ薬膳ビューティーアドバイザーは、認定講座を修了することで資格取得することが可能で、eラーニングとDVDによって自宅で学習ができます。国際薬膳調理師として活躍している坂井美穂さんが講師となっており、本格的な内容が自宅で学ぶことができる貴重な講座です。手軽さは大きな魅力ですが、受講料は約4万円ほどかかってしまうので、その点は注意が必要です。フレンチソムリエやフランス料理インストラクターとはやや毛色が違いますが、美容健康関連のお仕事に携わっている方や、そのような分野に興味のある方にはおすすめの資格です。
フレンチ資格 フレンチ資格