資格

ブリーダー資格人気ランキング

ブリーダー

動物と人間の間を取り持ち、正しい知識と出会いを提供する優秀なブリーダーになるには、専門資格の取得を目指してそのスキルの高さを証明する必要があります。動物への愛は誰にも負けないという人は、資格勉強を通して誰にも負けない知識も身につけてブリーダースキルを高めていきましょう。
資格を持っているブリーダーは、無資格のブリーダーと比べて相手に与える印象や安心感が大きく変わります。ブリーダーに限らず、自宅で動物を飼っている方やペットに関わる仕事に就いている人でも活かせる資格が多いので、ぜひ下記ランキングからどんな種類があるのかを1度確認してみてください。自分にとってプラスになる資格を見つけたなら、将来のためにも早めの勉強が吉となるでしょう。

1位 ペット繁殖インストラクター

ペットの繁殖サポートは、ブリーダーが行うメインの仕事の1つです。犬や猫といった動物の種類ごとに異なる繁殖方法を熟知することは、ブリーダーの基本であると同時に壁でもあります。そんな繁殖方法への学習を早めるためにも、日本インストラクター協会の「ペット繁殖インストラクター」は有益な資格となるでしょう。資格試験を通して繁殖や出産に関わる知識を得ることは、ブリーダーとしての第1歩となりますね。

妊娠周期や交配の注意点なども学ぶことになるので、動物の生態をより詳しく知るきっかけになるでしょう。飼育しているペットがいるならば、「ペット繁殖インストラクター」の資格勉強がペットとの距離を縮めることにもつながります。愛するペットのことをもっと良く知りたいという人は、ブリーダーでなくても本資格を取得するメリットがあるでしょう。資格取得後はプロとしての講師活動が可能となるので、ブリーダーを志す人たちに身につけた知識を伝授することもできますよ。後進の育成にも興味があるのなら、「ペット繁殖インストラクター」はうってつけの資格となるでしょう。

2位 犬・猫ペットブリーダー

犬や猫を飼育し、ブリーダーとして飼い主との出会いをサポートするのなら、日本生活環境支援協会が認定する「犬・猫ペットブリーダー」の資格はぜひチェックしておきましょう。ブリーダーの業務に関する基本的なことを学べるため、将来の進路にブリーダーという選択肢を持つのなら本資格を活かすことができますね。ビジネスとしてブリーダーをはじめるには、とても便利な資格となるでしょう。

動物が好きという気持ちだけでは、ブリーダーを続けていくことはできません。「犬・猫ペットブリーダー」で開業の準備や取引の方法を学ぶことが、ブリーダーとして自立する大きな1歩となることでしょう。資格取得が叶えば講師としての活動もできるので、ブリーダー仲間の仕事をサポートすることもできます。手に入れた知識を将来的に広く活かすには、「犬・猫ペットブリーダー」の資格がオススメされることでしょう。

3位 ブリーディング技能師

血統書つきの犬に関する知識を深め、繁殖技術や飼育方法に富んだ人材は、「ブリーディング技能師」として認定されます。繁殖学などの専門知識を持つことができれば、ブリーダーとしてかなり高いレベルに到達することができるでしょう。

繁殖だけでなく、生まれた子犬への対応やお世話のスキルも必要とされるので、新米ブリーダーや飼い主にとって「ブリーディング技能師」の資格取得者は頼りになる存在となります。ブリーダーとして長く活動していくのなら、時期を見て本資格への挑戦を行ってみましょう。

4位 ペット繁殖指導員

日本ペット技能検定協会が認定する「ペット繁殖指導員」も、ブリーダーになるなら注目しておくべき資格となります。本資格はペットショップや保護施設でも役立つ知識の宝庫なので、動物の繁殖に関わる可能性が少しでもあるのなら学習しておくにこしたことはないでしょう。

「ペット繁殖指導員」は専門性の高い資格となるので、取得することができればそれだけ特別なスキルを持つ証拠となるでしょう。動物と人間が幸せになり、その幸せを次の世代につたえていく業務に魅力を感じるなら、「ペット繁殖指導員」の資格取得をオススメします。
ブリーダー資格取得 ブリーダー資格取得