資格

ベビーフードインストラクター認定試験口コミ評判

幼児食

小さな子供に食事を与えることは実は難しく、何を食べさせると良いのか、何を食べさせてはいけないのかなどの知識が必要です。また、小さな子供には食事も生活習慣の一つとして、春夏秋冬に沿った献立、幼児に与えると良い食材を使用した献立、節分・クリスマスなどの行事に合わせた献立などの工夫も子供にとっては必要と言えます。また、小さな子供は成長も早く多くの身体的機能が形成される時期ですので、三色の栄養素(エネルギーとなる黄色・身体をつくる赤色・身体の調子と整える緑色)をバランスよく含まれる献立や体格、体質、運動量に応じた食事量など注意しなければならいことは多岐に渡ります。
今回は、子供に対してより良い食生活を提供できる知識を持った資格、ベビーフードインストラクター認定試験をご紹介します。小さな子供に対して必要な栄養素を理解し、より効果的に栄養を取り入れる献立作りなどの知識を身に付けて資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

ベビーフードインストラクター認定試験とは?

ベビーフードインストラクター認定試験とは、日本インストラクター協会が認定している資格となっております。幼児にとって必要な栄養素は何なのかを理解した上で、成長に合わせた献立作りをはじめ、子供が楽しく食事ができるような献立作りなどの知識を有している方、また、それらを子供の食事に悩むお母さん方に講師として講義できる技能を有した方を認定している資格です。

日本インストラクター協会とは?

日本インストラクター協会は、各スキルを有する技術者として必要な知識・技能を身に付けており、それら知識・技能を人に教えることができる技能を有している方を認定しています。また、各スキルを必要とする企業が人員の採用を行う際の客観的な評価の尺度を提供し、用途や目的に応じた知識や技術を有効活用できる人材を育成する目的としている協会です。

ベビーインストラクター認定試験の概要

ベビーフードインストラクター認定試験には、試験を受ける為の受験資格が無いので誰でも受験することが出来ます。受験の受付はインターネットからの申し込みが可能となっており、受験料10,000円、在宅にて受験することができます。また、2カ月に1度のペースで試験が行われていますので、いつでも受験することが可能です。試験に申し込むと自宅に問題用紙と回答用紙が届きますので、期日までに回答用紙を提出します。合格基準は70%以上の評価となっておりますが、比較的取得しやすい資格として評判です。

ベビーフードインストラクター認定試験に合格したら?

ベビーフードインストラクター認定試験に合格することで、幼児に必要な栄養素に関する知識、子供の成長に応じて必要とされる栄養素の知識、これらの栄養素を活用した献立作りができる知識を身に付けた証明となります。資格取得後は、幼児施設、給食センター、調理関係のお仕事に就くことが可能となります。また資格を取得することで、幼児の食事に関する講師活動をすることが可能となりますので、カルチャースクールや料理教室などで講義活動をされている方もみえます。

ベビーフードインストラクター認定試験に評判

ベビーフードインストラクター認定試験は口コミでも高い評価を得ており、口コミの多くは、子供の成長に応じて献立を変える必要があることに初めて気付いた、子供が喜んで食べてくれる献立を作れるようになった、栄養素に関する知識が身に付いた、などの声が届いています。
資格取得後、すぐに活用することができる資格の一つと言えます。

まとめ

小さな子供には成長に応じて必要な栄養素が変化していきます。また、子供の体格・体質・運動量によっても食事の量を変化させる必要があります。そして何より、子供が楽しく食事をすることができることが大切です。
資格取得をすることによって、食事を通じて健康的な身体を作る手助けができたり、子供の食生活の改善や身体に良い食材をより効果的に食す為の知識を身に付ける事が可能となりますので、資格取得を目指されてみてはいかがでしょうか。
幼児食 幼児食