資格

ベランダ菜園資格人気ランキング

家庭菜園

地球温暖化の影響か、日中の気温が高まるようになってきています。その影響から、企業や家庭では緑化運動を図るところが増えてきています。グリーンカーテンが施されている様子を目にすることも多くなってきたのではないでしょうか。家庭菜園もこうしたブームの1つと言えます。気候の大幅な変動によって、野菜の価格が高騰してきています。家庭で野菜が作ることができれば、より安くで野菜を入手することができます。これまでベランダ菜園に取り組んだことがなかった人は、これを機に始めてみてはいかがでしょうか。植物によってはベランダの緑化ができますし、高いお金を出して野菜を買う必要もありません。また、意外と費用が掛からないことも家庭菜園の特徴の1つです。

1位 ベランダ菜園アドバイザー

日本生活環境支援協会が扱うベランダ菜園アドバイザーはベランダ菜園での植物、野菜の基本的な育て方とその知識と技術を習得し、その植物や野菜を管理できる能力を身に付ける資格です。家庭菜園の特徴は安心、安全であるという点にあります。特に小さなお子様がいらっしゃる家庭にはおすすめです。また、野菜に加えてハーブなどの栽培も可能となります。ハーブは料理に欠かせないスパイスの1つですので、ベランダで多彩なハーブを栽培できれば、料理のレパートリーも大きく広がるのではないでしょうか。ベランダ菜園アドバイザーの試験は、在宅受験ができますので、家庭菜園にチャレンジしたいという方は、取得を目指してはいかがでしょうか。

2位 家庭菜園インストラクター

この資格は日本インストラクターが扱う資格の1つです。家庭菜園インストラクターは、様々な植物と野菜の種類についての知識を身に付け、植物ごとの最適な育て方や環境を理解し、ベランダ菜園の基礎を身に付ける資格です。また、土や水、雑草や害虫に到るまでの家庭菜園の基礎を身につけることも求められます。それらの知識と技術を用いることで、植物を可能なかぎり枯らさずに良い状態に仕上げる方に資格が認定されます。家庭菜園は料理の幅を広げる上で非常に役に立ちます。「毎日の料理がマンネリ化してきた」とか、「もっと料理の幅を広げたい」という方にもおすすめの資格です。

3位 美味安全・野菜栽培士

この資格は日本園芸協会が扱う資格の1つです。資格を取得する際には、野菜づくり講座の受講が必要です。講座をとおして、安全でおいしい野菜が作れるようになり、かつ本格的な野菜作りの知識と技術が身につきます。きゅうりやトマトなどの定番の野菜だけではなく、珍しい野菜の栽培方法まで幅広く身につけることが可能です。講座の際には、多くの実践的な知識が凝縮された充実のテキストが普及されるため、初心者から中級者の力をつけるのにおすすめの資格です。初心者の方がステップアップのために用いても良いですし、中級者の方が基礎を見直す意味で用いることが可能です。そうはいっても、当然講座にはお金がかかりますので、資金に余裕がある方は受講してみるとよいかもしれません。自分の現在のスキルレベルを把握し、上記2つも含めてどの資格が自分に適しているかを検討してみましょう。

4位 家庭菜園検定

こちらの資格は現在休止されています。
ベランダ菜園資格 ベランダ菜園資格