資格

ペン字・手紙資格人気ランキング

手紙の書き方

最近、自らペンを握って文字を書く習慣が薄れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ノートパソコンやスマートフォンの普及に伴い、メモやノートを取るときでさえ電子機器を用いるようになりつつあります。メール等を送る際には、既存のテンプレートを用いれば非常に簡単で、言葉遣いや文章の構成を考える必要もありません。漢字を覚えていなくても文面は完成してしまいます。こうした機器の発達は非常に便利なものであり、私も普段から活用していますが、やはりどこか寂しいような気がしてなりません。日本語独自の言葉遣いや丸みのある、優しいようなイメージの平仮名など、よく考えてみれば非常に面白く、興味深いものです。そこで、日本語を見直す機会として以下ではペン字・手紙に関する資格を3つピックアップし、ランキング形式で紹介いたします。

1位 レターライティングマスター

この資格は日本デザインプランナー協会が取り扱う資格の1つです。レターライティングマスターでは相手に自分の気持ちを伝えるために必要な常識や文章構成の有無を判定します。また、正しい言葉遣いも身につくので、エントリーシートを書く際にも役に立つことでしょう。日本語とは本来非常に美しい言葉であったはずです。今となってはその美しさを持った言葉の存在感は小さくなり、若者言葉が氾濫しています。本来の美しい言葉や言葉遣い、季語、敬語などの持つ意味や効果を理解することで、読み手に一層気持ちを伝えることができるようになります。また、文法的な正確さを兼ね備えた文章は非常に読みやすいため、感情が伝わりやすいというよりも重要な「まず読んでもらう」ことができます。レターライティングマスターの資格を取得して、誰にでも一読してもらえて、かつ自分の伝えたいことが正確に伝わる文章をかけるようになりましょう。資格取得後はレターライティングマスターとして活躍でき、講師活動も可能となります。

2位 手紙・文章ライター

この資格は日本インストラクター協会が取り扱う資格の1つです。最近では現代人の言葉遣いや常識のなさが問題となっています。就活生の中には、こうした問題を解決しようとマナー本を買ったり、セミナーに通ったりする方もいます。現代では手紙を書くという習慣が薄れていますから、極一般的なマナーや言葉遣いの点で指摘を受けるのも納得がいきます。正しい言葉遣いは文面、口頭両面において非常に重要です。特に初対面の人と対話をする際には、自分の第一印象に関わります。「手紙・文章ライター」では相手に自分の気持ちを伝えるために必要な常識や文章構成のスキルを習得します。今後、就活を考えている方には特におすすめです。

3位 硬筆書写検定(ペン字検定)

この資格は文部科学省後援であり、社会的な認知も高い資格です。階級は5級から1級まであり、上級は結構な難易度を持ちます。1級の合格率は上位1%であることから、その難易度が伺えます。また、履歴書に記入できる資格の1つでもあるため、世間的な評価も高めの資格と言えるでしょう。しかし気軽に受験できる程簡単なものではないので、硬筆書写のスキルに自信がある方はチャレンジしてみると良いかもしれません。
手紙の書き方 手紙の書き方