資格

不動の人気資格「消防設備士」

shikaku5

「消防設備士」とは?

災害というときに、警報機やスプリンクラーが十分機能するように、消防用設備などの工事・整備・点検をするのが「消防設備士」の仕事です。建物には、その用途や規模、収容人員に応じて屋内消火栓、スプリンクラーなどの消防用設備の設置が消防法で義務付けられていて、それらの工事、整備などを行うには「消防設備士」の資格が必要となります。消防設備は人がいる施設には必ず設置されているので、消防用設備のスペシャリストである「消防設備士」の需要は途切れることのない、安定した資格です。消防設備士の試験は総務大臣指定期間の一般財団法人消防研究センターが都道府県知事の委託を受け実施され、毎年多くの人がチャレンジする国家資格です。

「消防設備士」資格の特徴

近年、日本では都市部を中心に、マンションなどの集合住宅、高層ビル、ショッピングセンターなどが増え続けています。消防法による規定で消防設備は一度設置した ら点検は定期的にずっと行わなければならないことになっています。例えば、災害の時、たくさんの人が集まる商業施設や学校などで消防設備が正しく動かないと大惨事になりかねません。「消防設備士」は、火災や災害時に正しく作動するように 異常がないか点検するため、定期的に消火器やスプリンクラーなどの点検を行います。こうしたことから、「消防設備士」のニーズは常にあり、今後ますます社会で必要となると言われています。年齢の高い人でも比較的取得しやすいため、様々な層に人気の資格試験です。この資格を持っていると設備工事会社、ビル管理会社などへの就職で特に有利と言われます。また、この資格とあわせて、菅工事施工管理技師、電気工事施工管理技師、電気工事士などにチャレンジし、仕事の幅を広げる人もいます。

試験概要

「消防設備士」乙種は年齢や学歴による制限がなく、誰でも受験可能な試験です。一方、「消防設備士」甲種は工事ができるということもあり、難易度が高めで、一定の受験制限があります。例えば、甲種消防設備士の受験資格には、関連学科の大学卒業といった学歴による受験と、乙種消防設備士取得後の実務経験2 年以上といった実務経験が含まれてきます。試験日は各都道府県および受験区分によって異なってきます。ただし、東京都の場合、乙種、甲種の各類とも1から3ヶ月に1回程度に試験が行われています。試験は甲種が特類と1から5類、乙種が1から7類に分けて実施されます。甲種は工事・整備・点検ができ、乙種は整備・点検ができます。甲種・乙種ともに学科と実技試験があります。甲種特類になると実技がなくなります。

資格取得のメリット

「消防設備士」の資格試験(甲種・乙種とも)に、前提となる基礎知識は、中学レベルの数学、高校レベルの物理(主に電気)と言われていますが、参考書の数も多くあり、独学で合格している人がたくさんいます。この資格は取得すれば、日本全国どこでも「消防設備士」として働くことができるので、全国どこでも評価され就職先も安定していると言えるでしょう。また「消防設備士」の資格を取得すると「防災管理技能者」や「消防設備点検資格者」などの受講資格も得られます。