資格

世界基準のパソコン資格「MOS」

shikaku5

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)とは?

現在、どこの国でもどの職種でもパソコンと向き合うって仕事をするのは当たり前となっています。どの職種でも「パソコンをある程度使える」のは常識で、最近は「どの程度使えるか」というのが問題となってきています。つまり、「MOS」はードやエクセルの技能を、開発元のマイクロソフト社自らが証明する唯一の国際資格です。合格すると世界共通の認定証が発行され、マイクロソフト社のワードやエクセルなどを使えることを、世界中どこに行っても証明できる資格です。つまり、世界基準でワードとエクセルの技能を証明するマイクロソフト オフィス スペシャリストなのです。マイクロソフト オフィス スペシャリストを、新人研修やキャリアアップに奨励している企業も多いため、資格の信頼性は十分といえるでしょう。

MOSの受験方法とは?

MOSの受験方法には、「全国一斉試験」と「随時試験」の2通りの受験方法があります。「全国一斉試験は毎月1~2回(いずれかの日曜日)にあり、インターネットお申込み(パソコン・携帯)と郵送申は、各試験会場が設定した日程に行われ、受験者は希望の試験会場へ直接申込みをすることになっています。基本的に 郵送お申込み申込方法が異なりますが、受験料、試験内容、合格認定証は全く同じです。MOSは試験科目が独立しており、「Wordワード(文書作成ソフト)」、「Excelエクセル(表計算ソフト)」、「PowerPointパワーポイント(プレゼンテーション ソフト)」、「Accessアクセス(データベース管理ソフト)」、「Outlookアウトルック(電子メール・情報管理ソフト)」といったようにそれぞれ違う科目として受験します。また、マイクロソフト オフィス製品は、バージョンごとに新しい機能が追加・改良されるため、MOSは、バージョンごとに違う試験となっています。基本的に試験は技のみです。プラクティカルなスキルが身につくようになっていて、単なる用語の暗記などはなく、非常に実践的なため、試験準備は勉強するというよりも実践的演習が必要です。

何故MOS資格は必要?

日本では従来パソコンの技能検定である日商PC検定が就職・転職の際に重要しされていました。しかし、日商PC検定は仕事に必要なIT・パソコン技能(WordやExcelを含む)が試験範囲になっているのに対し、マイクロソフト オフィス スペシャリストはWordやExcelの技能に特化しているのが特徴です。そのためよりより具体的なスキルを正確に判定することができます。また、マイクロソフト オフィス スペシャリストは歴史も古く日本だけでなく世界中で受験されている世界基準の資格です。

MOS資格のメリット

企業で求められるスキルでも、MOSは意外にも取得しやすい資格です。ワードだけ、あるいはエクセルだけといったように、1科目受験であれば1ヶ月程度の短期間から取得が目指せます。これから社会の一員になる新入社員、就職活動中の学生にとってはおいしい資格試験といえるでしょう。また実際のアプリケーションソフトをコンピューター上で操作する実技試験なので試験勉強をすることによってパソコンを使う実務力、応用能力を身につけていくことができます。