資格

介護のプロ「介護支援専門員(ケアマネジャー)」

shikaku5

「介護支援専門員(ケアマネジャー)」とは?

近年、少子高齢化が進み、介護をめぐる問題はますます深刻になってきました。介護保険の理念で大切な点は、介護を受ける当時者が、自分自身の責任で受けたいというサービスを選択できることにあります。介護を利用する当事者は、要介護度が認定されると、それに従ったケアプランが立てられるようになります。その際、介護サービスの利用者とサービスの提供者との間にたって、ケアプランの作成・調整などを行うのがケアマネージャの主な仕事です。介護保険制度の中核を担う存在として注目を集めているうえに需要が高い仕事なので、この資格を取得していると介護関連業界への就職や転職が有利になります。また、職場でのキャリアアップやサービスの向上にもつながり、大変役に立つ資格の一つです。試験そのものは半年?1年の勉強でパスできると言われていますが、試験を受けるにあたって5年?10年の実務経験が必要であり、経験必須の資格とされています。

資格取得の活かし方

ケアマネジャーは、利用者の立場に立ち、サービス提供者との間で調整にあたり両者をサポートしていくことを仕事としています。居宅介護支援事務所、介護保険施設、福祉施設などの現場で活躍が期待できます。その他、介護関連業界であればさまざまな場所でケアマネージャーの資格を活かすことができるでしょう。また、利用者それぞれのニーズに合った適切なサービスプランを提供していくためにも、ケアマネージャーは常に新しい介護知識や情報を獲得しサービスを向上していく必要があります。そのため、社会福祉士、介護福祉士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員などの資格を併用する人もいます。こうすることで、介護や福祉関連の知識や理解が深まり、キャリアアップにもなるばかりか、日常業務においても利用者やその家族との信頼関係を築いていくことが可能になります。

試験概要

取得方法については、まず「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格後、各都道府県が実施する実務研修を修了するとなっています。各都道府県の介護支援専門員資格登録簿に登録されたあと、介護支援専門員の交付を受けることができます。「介護支援専門員実務研修受講試験」の受験資格は、「保健・医療・福祉の分野で5年以上かつ900日以上(一部10年以上かつ1,800日以上)の実務経験を有する者となっています。試験日は10月中旬から下旬で、受験料は6,000円?9,500円程度で各都道府県によって異なっています。試験内容は五肢複択式の筆記試験で介護支援分野と保健医療福祉サービス分野の2つの分野からなっています。介護支援分野では①介護保険制度の基礎知識②要介護認定などの基礎知識③居宅・施設サービス計画の基礎知識などが出題されます。また、保健医療福祉サービス分野では①保健医療サービスの知識など(基礎)②保健医療サービスの知識など③福祉サービスの知識等となっています。尚、保健・医療・福祉関係の国家資格などの所持者には、資格の種類によって一部試験科目の免除があります。

こんな人に向いている!

サービス利用者の様々な要望を理解し、その人に合ったサービスをコーディネートしていくことがケアマネジャーの仕事です。利用者との信頼関係のほか、医療職や、介護サービス事業者、地域の行政などいろいろな職種の人と連携して仕事を進めていかなければならないので、コミュニケーション能力が高く柔軟性のある人が向いています。また、ケアマネジャー次第で介護を必要とするお年寄りの生活が大きく左右されるので、人に対する気遣い思いやりがある人が求められているといえるでしょう。