資格

刺繍資格人気ランキング

あなたは刺繍に挑戦したことがありますか?
一見地味な趣味だと思われている方が多いと思いますが、刺繍は若者からお年寄りまで多くの世代に楽しんでいただける趣味です。

新しいデザインを常に取り入れることも出来、刺繍アドバイザーとしてプロ活動を行うことも可能になります。
今回は、そんな刺繍の知識と技術を学ぶことが出来る資格を人気順に紹介したいと思います。
ランキング形式で資格を紹介させて頂きますので、刺繍に興味をお持ちの方はこちらのランキングを参考に取得してみたい資格を探してみましょう。

ランキング1位 刺繍アドバイザー

ランキング1位として紹介させて頂くのは、日本生活環境支援協会が認定する刺繍アドバイザーになります。
こちらの資格では、刺繍の種類や技法、刺繍を行う時に必要になる道具の使い方など、刺繍に関する知識を学ぶことが出来ます。
基礎から知識を学ぶことが出来るので、刺繍の経験がない人でも理解しながら楽しんで学習を行うことが出来ます。

フランス刺繍、ビーズ、リボン刺繍など様々な刺繍の種類を学ぶことで資格取得後に刺繍を行う際のバリエーションやデザインの豊富さを培うことが出来ます。
初心者の方は勿論、普段から刺繍を行っている人にもオススメ出来る資格になります。

こちらの資格取得後には、カルチャースクールで講師活動を行ったり刺繍のプロとして活動するなど、様々な選択肢があります。
受験する為に必要は特にありません。
受験料の10000円を用意し、インターネットで受験申込を行うことで在宅での受験が可能です。

ランキング2位 刺繍クラフトインストラクター

ランキング2位として紹介させて頂くのは、日本インストラクター協会が認定する刺繍クラフトインストラクターになります。

こちらの資格では、フランス刺繍やクロスステッチを始めとした多種類の刺繍技術、方法を学ぶことが出来ます。
刺繍の種類が変わるに伴い、使用する道具や器具も変わってくるので周辺知識も学ぶことが出来ます。

また、図案や構図、実際の手法に至るまでの専門的な知識をわかりやすいカリキュラムで学ぶことが出来るので、まったくの初心者でも刺繍を理解しながら楽しみ方を知ることが出来ます。

衣類系や手芸系の職業に就かれる際には、刺繍クラフトインストラクターの資格が採用の決め手になる可能性もあります。
また、こちらの資格を取得することで就職以外にもカルチャースクールでの講師活動にも繋がります。
人に刺繍を教えてみたい人、刺繍の技術と知識をビジネスチャンスとして活かしたい人にとってお勧めの資格となっております。

受験資格は必要なく、受験料の10000円を用意することでインターネットで受験申し込みが可能になります。
在宅での受験が可能なので、学びたい時間に勉強し好きな時間に受験することが出来ます。
スクール形式の資格塾では、学習が難しいサラリーマンの方にもお勧めできる資格ですので、自分の好きな時間に学習したいという人はこちらの資格を取得してみましょう。

ランキング3位 戸塚刺しゅうの師範資格

ランキング3位として紹介させて頂くのは、戸塚刺しゅう協会が認定する師範資格になります。

こちらの資格では、刺繍で有名な戸塚刺しゅう協会が提供するカリキュラムに基づいて資格取得のための知識、技術を学ぶことが出来ます。
どのような道具を使って、どのような刺繍が出来るのかといった基本知識を学びます。
比較的新しい刺繍の技術も学ぶことが出来るので、デザインのセンスを養うために受講する方もいらっしゃいます。

1位、2位で紹介させて頂いた2つの資格に比べて、取得難易度が高い為、初めての方には難しいかもしれません。
「師範」という名前からわかる通り、資格取得後には様々な作品に対するアドバイスが可能となる立場を得ることが出来ます。
実際に刺繍の先生として活動することを目的としている人にとって非常に向いている資格だとは思いますが、まったくの刺繍初心者の方にとっては難易度が高すぎる資格ですので初めての方は1位の、刺繍アドバイザーか2位の刺繍クラフトインストラクターを目指すことをお勧めします。

ランキング4位 日本手芸普及協会の刺繍師範資格

ランキング4位として紹介させて頂くのは、公益財団法人日本手芸普及協会の刺繍師範資格です。

こちらの資格では、手芸教室として知られている日本手芸普及協会が提供する基本的な刺繍技術に関する知識を学ぶことが出来ます。
こちらの資格を取得する為に学習と練習を重ねることで、将来的には師範としての役割を得ることが出来るようになりますが、かなりの学習時間が必要になると想定されます。
講師として活動したい、刺繍の師範として活動したいという人はこちらを目指してみると良いかもしれませんね。

「なんとなく刺繍を学びたい」
「刺繍を楽しみたい、初めて見たい」
という人にとって、お勧めできるような甘い資格ではありませんので初めての方は1位や2位の資格を取得する方が良いかもしれません。