資格

医療の第一線で活躍「看護師」

shikaku5

「看護師」とは?

近年、一度別業種に就職した人が、新たに看護師資格を取得して、医療現場で働くことが多くなってきました。また、中高年の女性の間で看護師を目指す人も急激に増えてきました。とりわけ、母子家庭やフリーランスの間で人気の仕事で、やり甲斐があるうえに、介護職と並んで常に人不足の業界のため「求人増加中」ということも拍車をかけているようです。看護師は、怪我や病気などで治療を受けている患者の世話をしたり、医師の指示のもとで診療の補助を行ったりすることを業務としています。現場ではハードな仕事に携わっていかなければなりませんが、患者の精神的な支えとなる大切な仕事です。また最近では、医療機関だけでなく、社会福祉施設や訪問介護ステーションなど高齢化社会でますます活躍の場が広がっています。心身ともにタフで快活でコミュニケーション能力が高い人に向いている仕事と言われています。

資格取得までのステップ

看護師資格を取得するの道のりは長く、看護短大や看護学校に3年間通ったうえで厚生労働大臣が認定する国家試験を受験しなければなりません。学校では課題も多く、必要な学科の単位を取得するためにそれなりの勉強を課されます。ただ、晴れて国家試験に合格すれば、就職先が割とスムーズに見つかるのが看護師の魅力です。看護師資格を保有している人の就職先は、医療機関のほかに、社会福祉施設、訪問看護ステーション、保健所など多岐にわたります。高齢社会の進展で、今後ますます需要が見込まれる資格の一つです。

試験概要

看護師の資格試験には受験資格が設けられており、基本的に①文部科学大臣指定の大学で看護師になるため必要な学科を納めて卒業した者、または卒業見込みの者②文部科学大臣指定の看護師養成所を卒業(卒業見込みの者を含む)等と明記されています。その他、最近は外国の看護学校を卒業して実務経験のある者なども認められるようになっています。試験は毎年2月に実施され、北海道、青森、宮城、東京、石川、愛知、大阪、広島、香川、福岡、沖縄などの都道府県で受験が可能です。受験料は5,400円です。試験科目は①人体の構造と機能②疾病の成り立ちと回復の促進③健康支援と社会保証制度④基礎看護学⑤成人看護学⑥老年看護学⑦小児看護学⑧母性看護学⑨精神看護学⑩在宅看護論ほか、などがあります。例年、合格率は90%と言われています。

「看護師」の将来性

少子高齢化社会が進み、最近、最も人手が求められているのが医療・福祉業界です。この業界の良いところは、現場仕事で体力が求められることが多いのですが、男女平等で実務経験を積めば、年齢に関係なくステップアップができるところです。また、医療現場では常に看護師が不足しているので、30代、40代になってから看護師資格をとっても、十分働く場所が見つかります。特に、看護師の場合は教育関連の給付金がだいぶ充実しているので、認定を受ければ資格取得までのコストをかなり抑えることもできます。ただ、看護師は、医療の高度化や仕事の細分化に伴ってニーズはますます高まっていますが、勤務環境の厳しさや仕事のハードさなどが影響し、慢性的に人材不足が続いています。