資格

収納マイスター認定試験口コミ評判

収納

 
ショッピング、頂き物、その他の理由で、私たちの生活は基本的にモノが増える傾向にあります。

モノにあふれる部屋の中を見ながら、近頃流行の「断捨離」「ミニマリズム」にならって、不要なものを処分してすっきりした暮らしを実現しようと決心する人は多いことでしょう。

しかし、いざ処分するとなると、気持ちがしぼみ、結局部屋の中は元のままで変化なしという人も多いことでしょう。しかし、確かにモノを減らすことも努力すべきかもしれないけれど、収納を工夫することでもっと上手にモノを収めて整理することはできないものでしょうか。

そこで、正しい整理のために必要な理論的な方法や、収納方法を資格として、「収納マイスター認定試験」という試験が生まれました。

この「収納マイスター認定試験」が、「日本生活環境支援協会」にて実施されています。

この記事ではこの「収納マイスター認定試験」についてご紹介します。

 

特別な受験資格は必要なの?

 

結論から言えば、「収納マイスター認定試験」を受験するために必要な受験資格は特にありません。

必ずしも住宅に関するの実務経験がなくても、自由に受験することができます。

「収納マイスター認定試験」は、あくまでも収納に関するアドバイスを行うスキルを持っていることを認定するための試験です。

 

「収納マイスター認定試験」の試験詳細について

 

■試験レベル
 

収納マイスター認定試験では、基本的な整理・収納法はもちろん、依頼者からの要望に合わせた整理・収納方法を提案できるかを試験されます。

試験主催者側から発表された試験詳細は以下の通りです。

 

1.収納マイスターとは?、収納マイスターは、こんな悩みを解決します、収納マイスターに求められるスキル、収納マイスターになるには?、収納マイスターは、こんな方におすすめ

 

2.収納マイスターの基礎知識、収納マイスターの心得、必要な物だけ収納する、毎日使う物を使いやすい場所に収納する、使う場所の近くに収納する、使用頻度に合わせて収納する、余裕を持って収納する、収納の方法、隠す収納、見せる収納、収納の種類、棚収納、引出し収納、つり下げ収納、収納マイスターの必需品、メジャーの選び方、定規の選び方、測り方、クローゼットの測り方、押入れの測り方

 

3.収納を始める前に~ワークフローと整理、収納マイスターのワークフロー、要る物と要らない物を分別する(整理する)、要る物と要らない物を判断する基準、分別するときのポイント、要らない物を処分する、“ 捨てる” 以外の処分方法

4.スペース別収納、押入れの収納、押入れ収納の基本ルール、押入れ収納の手順、押入れ収納のアイデア、クローゼットの収納、クローゼット収納の基本ルール、クローゼット収納のアイデア、キッチンの収納、キッチン収納の基本ルール、キッチン収納のポイント、キッチンを整理するときの手順、キッチン収納のアイデア、リビングルームの収納、リビングルーム収納の基本ルール、リビングルームの収納アイデア、玄関の収納、玄関収納の基本ルール、玄関収納のアイデア

■受験料について

 

収納マイスター認定試験は、「10,000円(消費税込み)」となっています。 ※2016年現在

 

■受験申込について

 

収納マイスター認定試験認定試験は2カ月に一度の頻度でインターネットから受験申し込み可能です。

申し込みから数日後に、試験問題と解答用紙が受験料代引き郵便で郵送されます。後は、決められた期間で内に、回答用紙を返送すれば完了です。後は、合格通知発送日から数日後に合否通知が郵送されます。また、必要に応じて、合格認定証・合格認定カードを依頼できます(5500円 ※2016年現在)。申込みフォームから合格認定証・合格認定カードどちらかを選択して発行申請します。合格認定カードの場合は顔写真が必要です。

■受験場所について

 

在宅受験になっています。

そして、試験期間や答案提出期限の範囲内で、受験日を自由に選ぶことができるのはうれしいですね。

 

■合格基準について

 

収納マイスター認定試験の合格基準は、70%以上の評価となっています。

 

収納マイスター認定試験の口コミと評判

 

では、実際に「収納マイスター認定試験」を受験された方々の声を聞いてみましょう。

 
「シンプルですっきりした住みやすそうなインテリアを雑誌で見かけるたびに、程遠い我が家のモノにあふれた有様を見てため息をついていました。そんな中この収納マイスター認定試験を知り、私に必要な知識はこれだ!と確信し受験することを決めました。合格後は以前の私と同じ悩みを持つ人たちのサポート役になるべく収納マイスターサイトを立ち上げ、有料収納アドバイスサービスとして全国からの相談に乗ることができるようになりました。」

 

「両親を見送った後の実家のモノにあふれた有様を見て、自分は子供にこのような思いをさせたくないと強く決心したことが、この収納マイスター認定試験に挑戦する大きな動機です。やはり自分の身の丈に合ったモノの量の中で暮らすことはとても居心地がいいものです。現在は友人たちにも収納マイスターの勉強をしてみることをすすめています。」

「ホームセンターでパートタイムで働いています。何かこの職場で得た知識で資格を取ろうと考え、この収納マイスター認定試験にチャレンジしました。合格後は収納用品の担当者となって売り場の運営を全面的に任せてもらえるようになり、やりがいを感じています。」
などの声が寄せられています。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

このように収納マイスター認定試験は、暮らしのベースとなる居住空間を居心地よく保つために必須の収納に関する知識を試される試験になります。収納や整理に悩む人は多く、ビジネスチャンスは大いにある分野の資格です。

ぜひこの「収納マイスター認定試験」への受験を検討してみてくださいね。
収納 収納