資格

幼児食マイスター認定試験口コミ評判

幼児食

お母さんにとってお子さんに与える食事は神経を使うもの。これを食べさせていいのかしら?この味付けでいいのかしら?と悩まれるお母さんは少なくありません。特に幼児時期は自分の言葉で物事を伝える事も出来ませんし、身体の成長も早く様々な機能が成形される時期でもあります。特に近年では、食べ物が原因となって様々なアレルギーや皮膚炎などのアナフィラキシー症状などが危惧されていることから、幼児に食べさせる食事に対する意識は高まっていると言えます。
今回は、幼児食に関する資格、幼児食マイスター認定試験をご紹介します。幼児の成長の過程、成長に合わせた食事作りなど、幼児に対して安全で健康的な食事を作る事ができる知識を身に付けることが出来ます。幼児施設などで勤務されている方だけでなく、我が子の為に資格取得を通じて習得してみてはいかがでしょうか。

幼児食マイスター認定試験とは?

幼児食マイスター認定試験とは、日本安全食料料理協会が認定している資格となっております。幼児食に向いている食材、向いていない食材などの基本的な知識に加え、子供の成長過程を理解した上で、成長に応じた栄養バランスを考えた献立を作ることが出来る知識や技能を有した方を認定しています。

日本安全食料料理協会とは?

日本安全食料料理協会は、食品全般に関する知識、料理技術に関するスキルが一定の水準を越えていることを認定している協会となっております。各スキルを必要とする企業や現場が人員の採用を行う際の客観的な評価の尺度を提供し、用途や目的に応じた知識や技術を有効活用できる人材を育成する目的としている協会です。

幼児食マイスター認定試験の概要

幼児食マイスター認定試験には、試験を受ける為の受験資格が無いので誰でも受験することが出来ます。受験の受付はインターネットからの申し込みが可能となっており、受験料10,000円、在宅にて受験することができます。また、2カ月に1度のペースで試験が行われていますので、いつでも受験することが可能です。試験に申し込むと自宅に問題用紙と回答用紙が届きますので、期日までに回答用紙を提出します。合格基準は70%以上の評価となっておりますが、比較的取得しやすい資格として評判です。

幼児食マイスター認定試験に合格したら?

幼児食マイスター認定試験に合格することで、幼児の成長過程への理解、成長に応じた食事や必要な栄養素に関する知識、食べ物から発生するアレルギーやアナフェィラキシー症状の予防・対策への知識など、幼児食に関する広い知識を有しているという証明となります。その為、幼児施設、給食センター、飲食関係、調理関係のお仕事に就くことが可能となります。また資格を取得することで、幼児食に関する講師活動をすることが可能となりますので、カルチャースクールや料理教室などで講義活動をされている方もみえます。

幼児食マイスター認定試験の評判

幼児食マイスターは口コミでも高い評価を得ており、口コミの多くは、生まれてきた我が子に自信を持って食事を与えることができる、子供への食事が不安だったが知識が身に付いた事で不安が解消されたなど、お母さんの声が目立ちます。また、幼稚園や保育園などで勤めている保育士の方は、知識を得たことによって不安を抱えるお母さんに対してアドバイスができるようになった、食事を嫌がるお子さんに料理の説明が具体的に出来るようになったなどの声も届いています。
実用的な資格として、多くの方から評価を得ている資格の一つと言えます。

まとめ

初めて育児をされるお母さんにとって、お子さんの食事は心配なものです。そんな時、確固たる知識が身に付いていれば、安心してお子さんに食事を与えることが出来ることでしょう。また、保育士のように幼児と接する機会の多い職業の方は、幼児に安全で栄養バランスの取れた食事を提供する事が出来るともに、不安になっているお母さんに良いアドバイスをしてあげる事も可能となることでしょう。幼児にとって必要な栄養、成長に応じて必要な栄養は様々です。大切なお子さんの成長の手助けをする為に、幼児食マイスター資格の取得を目指してみてはいかがでしょう。
幼児食 幼児食