資格

幼児食資格人気ランキング

幼児食

近年少子化ブームが叫ばれていますが、それだけに子どもの価値は貴重となっています。それでなくても、幼児期は育児で特有の出来事が発生することも多く、この分野のアドバイザーはかなり重宝されるといえるでしょう。ここでは、幼児食に特化したアドバイザー資格をご紹介します。

1位 幼児食マイスター

この資格は、日本安全食料料理協会が主催する認定資格です。子どもは成長するにしたがって母乳から離乳食、そして普通の食事へと移り変わっていきますが、そのスパンが結構短く、必要なときに必要な食事を用意できるかどうかは難しいものです。そんな際に役立つのがこの資格。子どもの成長に合わせた食事を、栄養バランスも加味してアドバイスできる能力を持った人を認定しています。子どもの身体や発達の特徴から、離乳食や幼児食の知識、それぞれに適した食材などをアドバイスできるというものです。受験料は1万円であり、インターネットから申し込み可能。在宅で受けられるので、忙しい方や、それこそ育児中の方であっても、自分のペースで取得できそうです。

2位 ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターは、日本インストラクター協会が主催する資格です。特にベビーフードに特化して、季節の野菜や食べ物を使った効果的な料理や、食べ合わせなどの幅広い知識を有していることを証明する資格です。日本ならではの端午の節句などの四季行事も取り入れた献立が作れるというのは、選定がむずかしいベビーフードの中でもかなりおいしいものでしょう。幼児の体格や体質、運動量から食事量を考えることが出来るのも特徴です。費用は1万円で、インターネットから申し込みでき、自宅で受験できます。また、取得後は講師としての活動もできる便利な資格ですから、単純に記念で取っておくものよりも、将来の幅が広がるといってよいでしょう。

3位 幼児食インストラクター

幼児食インストラクターは、一般財団法人 日本能力開発推進協会が主催し、認定する資格です。子どもの発達は1歳から6歳の間は凄まじく、短期間でかなりサイズも内面も変化していきます。この変化に対応できるように、医学的見地から、2名の小児科医が慣習の元、子どもの行動の基本から始まり、成長別のレシピ、気になる食物アレルギーや病気のケアといった部分まで、細かく認定されるプロの資格として存在しているのがこの資格です。インターネットから申し込みでき、講座もセットで36000円とそこそこの値段がしますが、かなりプロ資格であるためそれだけの価値はあるでしょう。合格をサポートするサポーター制度やわかりやすい目で見て覚えるDVDも附属しているなど、至れり尽くせりです。取得後は、幼児食専門の料理教室やBlogでの悩み相談など、かなり本格的に活動できる幅が広がりますから、是非検討してみるとよいでしょう。

4位 幼児食アドバイザー

幼児食アドバイザーは公的に東京都認証保育所協会が推薦しているもので、赤堀料理学園の赤堀フードコーディネータースクールが監修しているものです。近年さまざまな出来合いのインスタントフードが発達しており、改めて子どもの食文化が見直されている背景から、子どもの発達段階に応じた適切な食事を提供、アドバイス出来る人材を認定する目的があるのがこの資格です。幼児食の食事作りの基礎から実践、発育ステップを踏まえ、広く体系的に学ぶことが出来ます。一人ひとりの子どもの特性に合わせて、アレルギーなど有害となる原因物質もふまえながら学んでいくことが出来ます。特に子どものいる家庭では、日々成長していくわが子の毎日の食事に役立てることができる、大変意義深い資格といえるでしょう。テキストからガイドブック、添削課題もついて今なら37500円で取得することが出来ます。分割払いもできますから、安心して受講し、自分のタイミングで取得することができるでしょう。

5位 子ども食育健康管理コーディネーター

子ども食育健康管理コーテ?ィネーターは、一般社団法人 資格支援能力振興協会が主催する資格です。子どもの食事からスポーツ栄養学といった幅広い食に関する知識を身につけており、「子どものスポーツと栄養」「子どもの健康と食育」の専門家として知識や技術、経験を提供することの出来る人材として認定してもらうことが出来ます。特に、小中学校の教諭や保護者、スポーツ関係者などには補助資格としてかなりの効力を発揮するでしょう。看護師や保健師といった施設で働く医療職者にとってもプラスとなることは間違いありません。DVDがついており、教材もセットで48000円と高いですが、専門的な知識の認定を受けられることを考えれば安いと考えられます。認定書も発行されますから、資格の証明としても高い効力を発揮できます。

子どもの食事は大人とは異なり、短いスパンで変わっていくこともあって専門知識が必要となりますね。さまざまな資格がありましたが、それぞれ特徴がありますから、是非自分にあった資格を見つけて受講してみるとよいでしょう。
幼児食 幼児食