資格

快適な環境づくりの資格「衛生管理者」

shikaku5

「衛生管理者」とは?

「衛生管理者」とは、疫病の予防、早期発見といった健康管理、さらに換気や照明の具合などの作業環境や作業内容をさまざま方面から点検します。労働災害が未然に防げるよう、職場環境を整え、労働環境の衛生的改善と疫病の予防処置をチェックすることが衛生管理者の使命です。第1種は全業種を担当できますが、第2種は特定の業種に限られます。衛生管理者は厚生労働省に認定された国家資格で、「公益財団法人 安全衛生技術試験協会」により運営され、全国7か所の安全衛生技術センターで定期的に実施されます。この資格は衛生委員会のある事業所であれば、あらゆる業界に必要であり、取得すると、転職や異動などキャリアアップに有利になります。とりわけ、総務・労務部門が手薄な中小企業でのニーズが高くなっています。

資格の活用の仕方

衛生管理者は、労働災害の防止、労働者の安全と健康の確保、快適な職場環境の形成などを目的とし、労働安全衛生法上、一定以上の規模の事業所に選任が必要な資格です。その業務は基本的に、労働衛生と労働衛生管理に分類できます。全業種を担当できる第1種と、特定の凝視に限られる第2種があります。選任を必要としない事業所でも、その知識は役に立ちます。総務・労務部門でない人も、この資格を取得することにより評価され、異動することもありますし、現場第一線のフォアマンの人にも役に立つ内容です。衛生管理者は安全業務を兼ねることが多く、労働安全コンサルタントも取得すると幅が広がります。また、衛星関連で専門を極めるのであれば、衛生工学衛生管理者や労働衛生コンサルタントなどの資格と併用も可能です。また、労務部門全般にスキルを広げるならダブル資格として社会保険労務士を持つのも良いでしょう。

試験概要

衛生管理者試験には受験制限があり、①大学・高専を卒業し、その後労働衛生の実務経験が1年以上の者②高等学校等を卒業し、その後労働衛生の実務経験が3年以上の者③10年以上の労働衛生の実務経験がなどの要件を満たしている必要があります。試験日は毎月1?3回程度行われており、受験料は6,800円です。試験内容は第1種が①労働衛生②関係法令(有害業務に係るものおよび有害業務に係るものを除く)③労働整理(有害業に係るものおよび有害業務に係るものを除く)、第2種が①労働衛生(有害業務に係るものを除く)②関係法令(有害業務に係るものを除く)となっています。また、特例第1種として、第2種衛生管理者免許を受けた者が、第1種免許試験を受験する試験①労働衛生(有害業務に係るもの)②関係法令(有害業務に係るもの)があり、これに合格して免許申請すると第1種衛生管理者の免許証になります。

将来性

現在、衛生管理者は50人以上の事業所・職場には必ず配置されなければならないため、恒常的に需要のある仕事となっています。従業員やワーカーの安全や健康面に注意を払い、積極的に快適で安全、衛生的な環境をつくりだしていくなど私たちの生活に身近でありながら非常に大切な役割を担っています。そのため、今後も需要は決して減らない職種でしょう。また国家試験で難関ではありますが、合格率は50%と比較的高めなので狙い目の資格とも言えるでしょう。