資格

手作り石鹸資格人気ランキング

手作りせっけん

「お肌や髪などにより害ぬ少ないものを」という思いから、オーガニックや無添加のシャンプーや石鹸の利用者が増加しています。こうした製品を毎日使用したいものですが、普通のシャンプーや石鹸と比較すると高額であるということも特徴の1つです。加えて、最近では少しずつ増えてきてはいるものの、通常のドラッグストアなどでのこうした商品の品揃えはあまり良くありません。このようなときに、自宅で無添加のものが作れたら良いと思いませんか?家庭で気軽に制作できるようになれば、リーズナブルに無添加やオーガニックの石鹸を楽しむことができますし、お好きな香りを付けることも可能です。市販の物を購入しているときは「詰め替えを買っておくのを忘れた…」という経験をしたことがある方もいらっしゃることでしょう。手作り石鹸の技術があれば、このような小さな悩みを抱える必要もなくなります。以下では、手作り石鹸に関する資格の中からおすすめのものを5つピックアップし、ランキング形式で紹介いたします。

1位 コールド・プロセスソープマイスター

日本デザインプランナー協会が取り扱う資格であるコールド・プロセスマイスターは、手作り石鹸の作成に必要な基礎知識を持ち、かつ道具の選び方から材料の選定や感想や肌荒れなど、各目的に適切なオイル選びができる技術を持った方に与えられる資格です。用途に合わせたハンドソープを作ることができる一定水準以上のスキルを持ち合わせていることを証明します。この資格を取得できるだけのスキルを持ち合わせていれば、ハンドソープをはじめシャンプーや石鹸の制作も可能です。手作りをするのが好きな方や、肌に優しい石鹸をお求めの方におすすめの資格です。

2位 手作り石鹸インストラクター

こちらの資格は日本インストラクター協会が取り扱う資格の1つです。資格を取得した方には、ハンドソープの作り方の熟知に加え、その技術と知識を他者に伝授できるだけのスキルがあることが証明されます。具体的にはアロマソープやスーパーファット、カラー石鹸、型抜き石鹸など、様々なハンドメイド石鹸のレシピを把握、作成できることが必要です。そうした知識や技術を他人にレクチャーすることも求められます。スクールの講師やハンドメイド石鹸の販売をしている方に特に人気の資格です。より実戦的な知識と技術が求められるので、基礎事項を既に把握しているという方は検討してと良いかもしれません。

3位 マスター・ソーパー

こちらの資格はハンドメイド石けん協会が取り扱う資格の1つです。マスター・ソーパーとは、ソーパーとしての知識と経験を兼ね備え、同時に講師としての考え方を持った方に与えられる資格です。また、他の方の模範となるような高いモラルを持ち、協会運営の担う中心的役割を担うことを認定された方に与えられる資格でもあります。純粋な知識や技術だけでなく、協会への関与も要求されるかもしれませんので、手作り石鹸だけを楽しみたい方には上記2つの資格がおすすめです。
4位 シニア・ソーパー
マスター・ソーパーへのキャリアアップ前の資格がシニア・ソーパーです。シニア・ソーパーとして3年の経験を積むことで、マスター・ソーパーへのキャリアアップが可能となります。
5位 犬の石けんマイスター
こちらもハンドメイド石けん協会が扱う資格です。その名の通り、犬専用の石けんに関する知識を習得します。個々の犬の特性に合わせたレシピを組んで石けんを作れることが求められます。
手作り石鹸 手作り石鹸