資格

日本デザインプランナー協会口コミ評判

shikaku5

生活に彩りを与える資格を

「資格を取得して日常生活を一層華やかなものに変えたい」と考えている方もいらっしゃるかのではないでしょうか。そうは思ってはいるものの、日本には数多くの資格が存在しており、何を取れば良いのやらわからないかもしれません。どのような資格がより実用的なのかを考慮する必要があります。日本デザインプランナー協会が取り扱う資格は、そうした実用性を兼ね備えたものばかりです。例えば、インテリアや空間ディスプレイ、ファッション、スウィーツデコなどに関する資格があります。このようなデザインや芸術などに関わる資格が多く取り扱われています。それらの資格は、自分の日常生活に役立つばかりでなく、就職やキャリアアップにも有利に働くことでしょう。きっとあなたの生活を華やかなものへと変えてくれます。以下では、特におすすめできる資格をいくつかピックアップして紹介致します。

より実用的なおすすめの資格

1つ目は「空間ディスプレイデザイン認定試験」です。デザインと一口に言っても、色使いは配置に関するものだけではありません。この試験で求められる知識は、陳列から証明技術にまで渡ります。これらの技術は視覚的な効果を与えますが、それは見た目の美しさだけを重視しているわけではありません。視覚を巧みに用いることで購買意欲を高めることも可能です。視覚情報は人間の意思決定に大きな影響を与えます。コンビニで買い物をする際、無意識的に商品を手に取っていることがあります。これは商品の陳列の仕方やパッケージデザインの影響と言われています。どのような場所に置けば商品が売れるのか、といったような知識を身に付けることはビジネスの観点から見ても重要なことなのです。
2つ目は「インテリアデザイナー認知試験」です。これは「空間ディスプレイデザイン認定試験」とは少し異なります。先ほどの資格は配置や色彩、証明といった物を置く空間自体に手を加える知識や技術です。一方、「インテリアデザイナー認知試験」で求められるものは、インテリアに関する商品知識や販売技術、すなわち商品を売るためのノウハウそのものです。その際、顧客に的確な情報を与え購買意欲を高めるためには確かな理解力と豊富な表現力が必要です。こうしたスキルを身に付け、「空間ディスプレイデザイン」の資格と併用することで、さらなる売り上げの向上が見込めるのではないでしょうか。また、資格取得後は講師としての活動も可能です。
3つ目は「ファッションデザイナー認定試験」です。これは、ファッションの名称や型、機能性やデザインそのものについての知識をテストする試験です。自分自身のファッションを彩ることはもちろん、デザイン関係の職業からの需要も多いことが特徴です。どういった体型の人にはどのようなファッションが適しているのかを把握することが大切です。また、ファッションは人のライフスタイルを変える上でも重要です。服装から性格を変えることも可能ですので、ファッションによってこれまでとは違ったイメージの自分になりたい人にもぴったりの資格です。

在宅受験が可能です

日本デザインプランナー協会が取り扱う資格試験の全ては在宅受験が可能です。これまで資格取得をためらってきた理由の1つに「試験会場に向かうのが面倒だ」ということがあった人もいらっしゃるのではないでしょうか。お住まいの地域によっては試験会場まで相当な距離がある場合もありますし、家事やお仕事で試験会場まで出向いている時間がないという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、在宅受験が可能となれば、そのような心配は必要ありません。また、会場受験の資格の場合、慣れない机と椅子に長時間拘束されるため非常に疲れますし、なにより緊張感が凄まじいものです。そういった空間が原因でいつもの力が発揮できないという方もいらっしゃることでしょう。在宅受験であれば、このような懸念も必要なく、いつも通りの解答ができるでしょう。これまで資格取得をためらっていた方は、これを機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。