資格

日本安全食料料理研究会口コミ評判

shikaku5

食に関する様々な資格認定

現在の日本にはたくさんの資格が溢れており、その分野はビジネスからアートまで様々です。その総数は1000以上にも及びます。「資格を取得したいのだが、どのようなものを選べば良いかわからない…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった方は、まずは身近な分野に関する資格を取得することをおすすめします。日頃関わることが多い食品分野ですので、資格の種類で迷っている方も取り掛かりやすいかと思います。そこで知っておくべきことは、食品に関する資格を多く扱っている協会が存在するということです。ここでは「日本安全食料料理研究会」を紹介します。
日本インストラクター技術協会では、食品や料理に関する技術、知識が一定の水準を上回っているかどうかを審査する試験が多く扱われています。現在の日本では、食に対する意識が高まりつつあります。カロリーや栄養価に対してだけでなく、安全性に対する意識も高まる様子を見せていますよね。食品添加物の不使用や、オーガニック食材を強く謳う商品の増加がそれを示していると言えるでしょう。このような風潮は飲食店にも影響を与えています。この協会で取り上げられている資格を有していれば、飲食店への就職、もしくは飲食店経営に大いに役立つでしょう。以下では、その中でも特におすすめの資格をいくつかピックアップして紹介いたします。

より実用的な食に関する資格を

1つ目は「ハーブライフインストラクター認定試験」です。これは、ハーブを生活の中に取り込み、豊かな生活を促進させることを目的としており、そうした知識や技術を持つ人へ認定される資格です。ハーブの用途はさまざまです。ハーブティーはもちろん、フレンチやイタリアン、スイーツなどにも用いられます。このように食品全般と強く関連するハーブですので、この資格を取得しておくと食品関係の多くの職から高い評価を得ることができます。また、ハーブセラピストとして活動することも可能です。
2つ目は「和食エキスパート認定試験」です。これは、和食に関する知識や技術を有していることを証明するための試験です。具体的には、だしの種類や和食の調理器具、調理技法などが一例として挙げられます。和食と聞くと、料理の中ではピンポイントなイメージがあり、他の料理への応用は効かないのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし心配はいりません。現在、和食は世界中で注目を集めている料理の1つなのです。だしはうまみの概念として広まっていますし、盛り付けの技術は今やフレンチやイタリアンにも活かされるようになってきているのです。今では和食の技術はあらゆる料理に応用できる技術となりつつあります。
3つ目は「スパイス香辛料アドバイザー認定試験」です。スパイスこそ、あやゆる料理に共通する重要な要素の1つです。スパイスなくして料理は成立しません。料理の基礎の基礎でありながら、少しアレンジを加えるためにも不可欠です。料理を極めるためには避けては通れないのです。この資格を有していることで、料理の基礎の1つを身に付けているという証明になるでしょう。

お手軽に受験できます

資格試験をためらう理由の1つに「試験会場で試験を受けなくてはならない」というものがある方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。慣れない椅子に長時間座るのは疲れますし、なにより試験会場の緊張感は凄まじいものです。日本安全食料料理研究会で取り上げられている資格は全て自宅での受験が可能ですので、上記のような心配は不要です。これまで受験をためらっていた方は、これを機会に1度挑戦してみてはいかがでしょうか。