資格

日本料理インストラクター口コミ評判

和食

日本料理が注目され始めたのは最近のことですね。若い世代にとってはちょっと敷居の高い料理という印象があるのではないでしょうか。一昔前までは、アメリカ系のジャンクフードが流行し、日本食を安価で食べれる場所がなかったですからね。ただ、最近は、和食が世界無形文化遺産に認定されたことも追い風になり、日本食文化がまた注目を集めています。中でも身近なのは、B級グルメなどで注目を集めているご当地郷土料理。これも立派な日本料理です。そう考えれば日本料理ってそんなに敷居高くなく、取っ付きやすいものですよね。

日本料理インストラクターとは?

ただここで言っている日本料理インストラクターは、B級グルメ以外にも季節に合わせた料理レシピや料亭などで出る懐石料理に関する知識やレシピの構築ができるスキルを有しているかということになります。それを一定水準以上有している人に認定される資格なのです。元々料亭で働いていて何も資格を持っていない人やレストランなどで働いていて独立を目指している人なら、すぐにでも日本インストラクター技術協会のこの日本料理インストラクター試験を受けてみると良いと思います。今まで自分のしていたことに対して、第三者機関がそのスキルに対してお墨付きをくれるわけですから。

また日本料理にあまり詳しくない人でも興味があり受けてみたいという人は、まず講習会などの勉強会に足を運んでみると良いでしょう。その後日本インストラクター技術協会主催の試験に望めば、新しい生活が待っているかもしれません。

どうやって勉強すればいいの?

ただ、講習会などは時間のある人なら行けますが、現在第一線で活躍されているみなさんにとってはそんな時間を確保するのは難しいですよね。そんなときは、通信教育で勉強してみてはいかがだろうか。通信教育であれば時間と場所に縛られることもなく、自分の好きな時間に好きな場所で勉強することが可能です。最近では「諒設計アーキテクトラーニング」や「SARAスクールジャパン」などの通信教育を受講すると卒業と同時に資格がもらえるように日本インストラクター技術協会と提携しているところもあるようです。それであれば、時間や場所に悩まされることなく新しいことに挑戦できますね。

日本料理インストラクターの口コミ評判

日本料理インストラクターの資格を取得することで「今まで何となく作っていた料理に自信が持てるようになった。」や「レストラン関係の会社でメニュー開発をしているが、本資格をとってから考えるときの幅が広がり、採用されることが増えた。」「日本料理を深く知ることで先人の知恵を学ぶことができ、日々関心しっぱなしです。」「自宅で料理を作るようになり、彼氏ができました。今では結婚して毎日いろんなバリエーションの料理を作っています。」などなど、多くの声がありました。

今少し料理を覚えようとしている人や、料亭の見習いをしている人、料理は得意だけどこれといった資格は持っていない人などなど少しでもこの資格に興味があったら、一度日本インストラクター技術協会のサイトを見てみては如何でしょうか。または通信教育で資料を請求してみては如何でしょうか。取得後の生活がより豊かになること間違いなしですよ。
和食 和食