資格

日本生活環境支援協会口コミ評判

shikaku5

実用的なスキルを身につける

日本国内には非常にたくさんの資格があります。中には「そんな資格があったのか!」と思わず口にしてしまうようなものもあります。「取得したところでどのようなメリットがあるのか…」という思ってしまう資格があるのも確かです。国内に存在する資格の総数は1000以上にまで及ぶとも言われています。このように、数え切れないほどの資格で溢れる日本ですが、日本生活環境支援協会では、より実用的な資格の認定試験を実施されています。
先にも記した通り、日本にはたくさんの資格がありますが、その全てが有用であるとは限りません。企業側から認知すらされていない資格も多くあります。そのような資格を取得したところで、使用する場面を迎えることなく自己満足に終わってしまいます。資格の取得にはお金も時間も掛かります。こうした貴重な要素を無駄にするのは非常にもったいないことなので、実用性において厳選された資格を取得したいものです。
以下では日本生活環境支援協会で推奨される実用的な資格試験を紹介します。

実用的な資格試験の一例

1つ目は「ロジカルシンキングマスター認定試験」です。ロジカルシンキングとは、一貫した筋道を持った論理的思考を指す用語であり、西洋哲学におけるデカルトの演繹法や、ベーコンの帰納法もその1つとして挙げられます。こうしたロジカルシンキングは、現代のビジネスの場でも注目を集めています。企画の提案やプレゼンの際に論理的根拠を求められたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。「ロジカルシンキングマスター認定試験」に合格していれば、論理的な思考回路を所持していることの証明になるため、就活の際にはもちろん、入社した後にも大きなアピールポイントの1つになるでしょう。
2つ目は「ビジネスマネージメント認定試験」です。試験の名の通り、これはビシネスマネージメントに必要な知識が十分であるかどうかを評価する試験です。こういった知識は、MBAなどの専門機関や企業に入社した後に身につけることが一般的です。入社前にこの試験で認定を受けていれば、同期よりも一歩先の位置からスタートを切れることでしょう。
3つ目は「環境生活指導士認定試験」です。現代の世界では地球温暖化をはじめに、環境問題に対する意識が高まっています。森林の現象や二酸化炭素排出量などがその例として挙げられます。このような情勢の中で、環境についての知識を率先して身につけ、これからの世界の環境を変えることができる人材であるかどうかを評価する試験が「環境生活指導士認定試験」です。環境問題に対する懸念は、日本国内だけでなく全世界に広がっています。この試験を受験する中で、よりグローバルな見地から環境問題を認識することができるようになります。現代の企業の多くは、自社の技術だけでなく環境問題にも意識を向けつつあります。ハイブリッドカーや電気自動車がその証拠と言えるでしょう。このような風潮の中で、企業が環境に対する知識を身につけている人間を高く評価するようになってきています。
このように、「日本生活環境支援協会」では、ビジネスの面で有利に働く認定試験を多く扱っています。

在宅受験という便利さ

さて、これらの認定試験を受ける際、在宅受験で良いということも我々にとっては有難いことの1つです。ビジネスに役立つ資格の取得を目指す方となると、大学生や社会人の方が多いことでしょう。資格試験の中には、都心まで出向かなくてはならないものも少なくありません。「授業や仕事で遠出はできない…」という方もいらっしゃることでしょう。ですが、在宅受験であればそのような心配もありません。興味がある資格を見つけたようであれば、1度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。