資格

日本茶セレクター認定試験口コミ評判

日本茶通信

お茶を飲む習慣は世界中にありますが、日本も漏れなくお茶を飲む習慣があります。一般的なお茶と言えば緑茶ですが、日本茶の種類としては、煎茶、ほうじ茶、抹茶などのように様々なお茶が存在しています。そういったことから、主に日本のお茶を対象としたお茶のスペシャリストとして、日本茶セレクター認定試験という資格があります。
この資格を取得する為は、生産地による茶葉の違い、栽培方法、淹れ方、飲み方、作法などに加え、日本茶の歴史や収穫方法、茶摘みなど広い範囲で知識を身に付ける必要がありますますが、実用的な資格として注目を浴びている資格の一つです。
今回は、日本茶に関する知識を証明する資格、日本茶セレクター認定試験をご紹介します。日本茶を正しく理解することによって、今まで以上においしいお茶を頂くことができますし、販売店などで勤務されている方などは専門的な知識のもと実務に活かす事が出来ることでしょう。

日本茶セレクター認定試験認定試験とは?

日本茶セレクター認定試験認定試験とは、日本安全食料料理協会が認定している資格となっております。日本茶の基本的な知識、日本茶の歴史、茶葉の違い、保存方法、茶摘み時期、日本茶の淹れ方など、広い範囲で日本茶を理解したスペシャリストの方を認定しています。

日本安全食料料理協会とは?

日本安全食料料理協会は、食品に関する知識、料理技術に関するスキルが一定の水準を越えていることを認定している協会となっており、各スキルを必要とする企業や現場が人員の採用を行う際の客観的な評価の尺度を提供し、用途や目的に応じた知識や技術を有効活用できる人材を育成する目的としている協会です。

日本茶セレクター認定試験の概要

日本茶セレクター認定試験には、試験を受ける為の受験資格が無いので誰でも受験することが出来ます。受験の受付はインターネットからの申し込みが可能となっており、受験料10,000円、在宅にて受験することができます。また、2カ月に1度のペースで試験が行われていますので、いつでも受験することが可能です。試験に申し込むと自宅に問題用紙と回答用紙が届きますので、期日までに回答用紙を提出します。合格基準は70%以上の評価となっておりますが、比較的取得しやすい資格として評判です。

日本茶セレクター認定試験に合格したら?

日本茶セレクター認定試験に合格することで、日本茶に関する広く深い知識に加え、日本茶の淹れ方や飲み方、良質な茶葉の見分け方などの実務的な知識を有している証明となります。その為、お茶屋や和菓子屋、日本料理店などのお仕事に就くことが可能となります。また資格を取得することで、日本茶に関する講師活動をすることが可能となりますので、カルチャースクールや料理教室などで講義活動をされている方もみえます。

日本茶セレクター認定試験の評判

日本茶セレクターは口コミでも高い評価を得ており、口コミの多くは、日本茶をより深く味わえるようになった、淹れ方を変えただけで日本茶の味が変わった、茶葉の見分けがつくようになったなどの感想が目立ちます。また、現在日本茶を取り扱うお店などで勤めている方は、知識を得たことによってお客様への説明が具体的に出来るようになったなどの声も届いています。
実用的な資格として、多くの方から評価を得ている資格の一つと言えます。

まとめ

日常生活に欠かすことのできない日本茶。今まで当たり前のように飲んでいたお茶も知識を得ることによって、一味違ったお茶を楽しめることでしょう。また、今まで茶葉の種類や性質などを気にされてなかった方も、産地を気にしたり、気候を気にしたりと今まで以上にお茶を嗜むことができるようになるでしょう。また、資格を取得する際には、日本茶を淹れるコツやお茶に適した温度、水質なども学ぶことができます。美味しいお茶をお客様に提供することは、日本のおもてなしの一つでもあります。
日本茶が好きな方、日本茶を取り扱うお店に勤めている方、料亭や料理屋で日本茶を提供されている方は、是非、資格取得を目指されてみてはいかがでしょうか。
日本茶・お茶 日本茶・お茶